東京都が推進中も”認知はこれから”「ヘルプマーク」を見つけたら思いやりある行動を

main 出典:twitter.com

東京都が推進している「ヘルプマーク」に関するツイートが話題になっていますのでご紹介します。

出典:twitter.com

ヘルプマークは、義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としていることが外見からは分からない方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう作成されたマークであるとのこと。

ヘルプマークについてはさまざまな投稿が散見されますが、「知らなかった」という意見が多いのが現状です。

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com


平成24年10月から開始も、認知浸透・拡大はこれから

ヘルプマークの配布や優先席へのステッカー標示等を、平成24年10月から都営地下鉄大江戸線で、平成25年7月から全ての都営地下鉄、都営バス、都電荒川線、日暮里・舎人ライナーで開始。平成26年7月からは、ゆりかもめ、多摩モノレールへと拡大して実施しているそうです。また、平成26年7月から民間企業への働きかけも実施しているとのこと。

(配布対象)
義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としていて、配布を希望する方々を対象としているとのこと。しかし、身体機能等に特に基準を設けているわけではないようです。

ヘルプマークの配布に当たっては、必要な都民の方々が円滑にマークを活用することができることに配慮し、特に書類等の提示は必要なく、お申し出に対しお渡ししているそうです。マタニティマークと同様、御家族等が代わりにいらっしゃる場合も、お渡ししているそうです。

ヘルプマークを身につけている人を見つけたら

ヘルプマークを身につけた方を見かけた場合には、電車内で席をゆずる、困っているようであれば声をかける等、思いやりのある行動が求められています。

現在は東京都の一部の交通機関や自治体での実施に限定されているそうで、今後は他の交通機関や都道府県、日本全国に広げていくために各所に働きかけをしていく段階だそうです。

ヘルプマークについての詳細は、ヘルプマーク公式サイトでも、東京都福祉保健局でもご確認いただけます。ぜひチェックしてみてください!



出典:www.fukushihoken.metro.tokyo.jp / www.fukushihoken.metro.tokyo.jp

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加