“下水道で生き抜いていた兄妹犬”が救出されて人間に心を開くまで

main
“下水道で生き抜いていた兄妹犬”が救出され、人間に対して徐々に心を開いていったという出来事が、アメリカを中心として話題になっているのでご紹介します。


「下水道で生活している2匹の犬がいる」


そのような連絡を受け、アメリカ・カリフォルニア州で活動している動物保護団体が現場に向かうと、そこには下水道の中で怯えながらたたずむ2匹の兄妹犬がいました。

1_R
近づいていく動物保護団体のスタッフを警戒します。前にいるのが兄。終始、妹を守るようにかばっている姿が印象的だったといいます。
2_R
食べ物を差し出しても、警戒して手をつけようともしません。
3_R
それでもスタッフは、2匹の犬に優しく声をかけ続けます。
4_R 5_R
長い時間をかけてスタッフが接していくうちに、徐々に心を開いていきます。


そして、スタッフと一緒に陽の当たる場所へ。
6_R
外の世界は久しぶりです。
7_R 8_R
長く伸びた体毛をすっきりとし、シャンプーします。下水道で見つかった時とは見違えるほどきれいに、本来の姿へ。
9_R 10_R


現在、2匹を一緒に引き取ってくれる里親を募集中

兄妹が離れ離れになることがないように、2匹を一緒に引き取ってくれる里親を募集しているそうです。優しい飼い主さんが早く見つかるといいですね!

WS000001_R

<動画はこちら>
出典:YouTube


出典:www.youtube.com

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加