“犬が持つ特別な感覚”が私たちに教えてくれる”8つ”のこと

main
“犬が持つ特別な感覚”が私たちに教えてくれる”8つ”のこと海外サイトで解説されていたのでご紹介します。


1.98%の確率でガンの人とそうでない人を見分けられる
犬は人間の10,000倍〜100,000倍鼻が効くと言われており、飼い主の体に何か問題がある場合に吠えて知らせてくれます。また、その強い嗅覚から犬はVOC(ガン患者の体内でつくられる揮発性有機化合物)の匂いを嗅ぎ分けることができると言われています。アメリカ泌尿器科学会の調査によると、犬は98%の確率でガンの人とそうでない人を見分けることができたそうです。
1
2.妊娠したことをいち早く察知できる
飼い主の女性が妊娠することで、犬は気配りできるようになるといいます。犬の鼻は非常に優れていて、女性が妊娠した場合に女性から発せられる匂いに素早く気づきます。場合によっては、その匂いにおびえて家の端の方に座ることもあるそうです。そうした場合には、犬専用の場所を確保するなどしたうえで、より少し優しく犬と接しましょう。
2
3.地震の予兆を感じると吠える回数が増える
犬は地震の予兆を感じると吠える回数が増えます。例として、1975年に中国で海城地震が起こる直前に犬たちが異常な行動をしたという報告が上がっています。犬は人間に比べて勘の良さが2倍、音に対しての敏感さは4倍優れています。空気圧や重力の微妙な変化に素早く気づくため、地震も察知できるといいます。
3
4.人間の行いが正しいか間違っているかを判断できる
ミラノ大学で行われた犬のなつきやすさを調べる実験により、犬は人間の行いが正しいか間違っているかを判断できることが分かりました。実験の内容は、まず2つのグループに役者を分けて、片方の役者たちにはホームレスに食事を分ける優しい人を演じてもらい、もう一方の役者たちには、ホームレスに怒鳴る人を演じてもらいました。その結果、優しいグループに犬がなつくことが判明したのです。
4
5.あなたが嫌いな人、好きな人を見抜きます。
あなたが嫌いな人に遭遇した時、犬はそのことに気づきます。そして、あなたの微妙な態度や声の違いを感じとり、嫌いな人からあなたを守ろうとします。その反面、あなたが好きな人に遭遇した時も同様。人間は幸せな時に体からドーパミンを出しますが、犬がそれに気づくのです。
5
6.ガンなどのほかにも、1型糖尿病を発見することもできる
犬は血糖値が異常に下がる1型糖尿病を発見することができます。イギリスのチャリティー団体「Medical Detection Dogs」では、糖尿病を察知できる犬の教育を推進中。彼らは低血糖の際に体から発せられる匂いを察知した場合、糖尿病の疑いがある人を舐めるように訓練されています。
6
7.音によって人間の感情を見抜くことができる
ロンドン大学の研究者は、鼻歌を口ずさむ人よりも、泣いている人の方に犬が寄り添うことを発見しました。つまり、犬は音によって人間の感情を見抜くことができるのです。飼い主が落ち込んで泣いている時など、犬は飼い主を慰めようとして、そばに寄り添ってくれます。
7
8.出産が近い女性を見抜くことができる
多くの女性が出産の少し前に、犬が普段とは違う行動をしたことを報告しています。女性の排卵時期にはフェロモンの匂いが強くなりますが、犬はこの匂いに反応します。出産の少し前に、犬は女性の下部を頻繁に嗅ぐようになります。
8

すごい能力ですね!身近にいてくれると心強い犬ですが、より頼もしく感じられます。まだまだ知らない犬の能力が色々とあるのかもしれませんね!



出典:www.littlethings.com

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加