【泣いた】”君も私と同じ様に娘を守ってきた”実父が義父の手を取りバージンロードへ

main
とある結婚式で、実の父親のとった行動が世界中で大きな感動を呼んでいます。

その出来事があったのは、9月に行われた新婦ブリタニー・ペックさんの結婚式。新婦のブリタニーさんとともに実の父親であるトッド・バックマンさんがバージンロードを歩いている時、突然振り返り参列者席に向かいます。そして、一人の男性の手を引っ張り、バージンロードへ連れて行ったのです。


バックマンさんがバージンロードへ連れてきたのは、新婦のブリタニーさんの育ての父親であるトッド・チェンドロスキーさんでした。
1_R
バックマンさんはチェンドロスキーさんに対して言いました。


君も私と同じように娘を守ってきた。一緒に歩く権利がある。



実の父親と育ての父親とバージンロードを歩くブリタニーさん。
2_R
思いもよらない展開に会場は騒然となったそうですが、誰もがこの光景に心を打たれ、涙していたといいます。

バックマンさんは、結婚式のバージンロードをチェンドロスキーさんと一緒に歩くことを最初から決めていたといいます。ただ、2人の関係は良好な関係とは言えなかったそうで、だからこそチェンドロスキーさんも驚きを隠せない様子でした。

3_R
ブリタニーさんはこの出来事について「いろいろなことがあったけれども、今ではとても幸せ」と語っていたそうです。

この件に対して寄せられていた声

・素晴らしい2人の父親。
・世界中で共有すべき素晴らしい話。
・どちらの父親にも、心からの拍手を送りたい。
・彼女は幸せだ。3人の男性に心から愛されているのだから。
・私も同じ境遇。結婚式でこのようにするべきだった。
・家族の真の定義ではなかろうか。
・愛は共有できることを証明している。
・娘を想う気持ちは同じ。


バックマンさんの行動について、チェンドロスキーさんは「私の人生の中で、最高の瞬間だった」と語っていたそうです。

4_R


出典:www.facebook.com / www.boredpanda.com

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加