「ひとりの人として」マクドナルドの店員さんの神対応に世界中から絶賛の声

10404860_426188214250401_1346539382820542336_nr(1) 出典:facebook

みなさんご存知の世界最大のハンバーガーショップのマクドナルド、米シカゴのマクドナルドの一人の店員さんの行動が今、世界中から称賛を浴びています!かつて、こんなにも親身になってくれる店員さんはいたでしょうか?

この店員さんが賞賛を浴びるきっかけとなったのはDestiny CarrenoさんのFacebookの投稿からでした!Destiny Carrenoさんは仕事帰りにマクドナルドに立ち寄った際にこの光景に出会い、感動から、沢山の人に感動を共有したいと、Facebookに投稿しました。

▼以下投稿の日本語訳引用

仕事帰りに立ち寄ったマクドナルドのレジで、私の前に並んでいたのは、車イスに乗った四肢麻痺の男性。私には四肢麻痺の叔父がいるので、1人で並ぶ彼のことがなんとなく気になっていました。

順番が回ってきた男性は、一生懸命に店員さんに何かを伝えているのですが、私も店員さんもなかなかうまく聞き取ってあげられません。ようやく理解できたのは、「手伝って欲しい」という意思でした。

とは言え私も店員さんも、男性が一体どのような助けを求めているのか見当もつきません。そのうえ、この時はただでさえ忙しい夕方の時間帯、しかもシカゴの繁華街です。きっと店員さんも、男性からの申し出を断るものと思っていました。

ところが私の予想に反して、店員さんはレジを閉め、手を洗い、手袋までしてカウンターの中から出てきたのです。

私は、その2人への興味を抑えることができませんでした。同じ障がいを持つ叔父がいる立場としても。

そして店員さんは、その男性の横で食べ物を小さく切り、食事を手伝い始めたのです。

混雑時間だったので、パッとバックヤードで処理を済ませて、それを戻すという対応でも良かったように思います。しかし、その店員さんは、準備万端で男性の隣まで出てきて、ゆっくりと向き合った対応をしたのです。

その光景はとても温かくて、思わず「ありがとう」と言いたくなるほどの感動がこみ上げてきました。

出典:buzzmag.jp

▼こちらがfacebookの投稿

Seeing this today brought tears to my eyes! Compassion has NOT gone out of style.Today I made a quick stop at McDonald…

Posted by Destiny Carreno on 2015年9月16日

この投稿は40万以上もシェアされ世界中に拡散されています。

そして、この投稿を見た人の反応は

・それは素晴らしい!!
・従業員オブザイヤーだ!
・マクドナルド本社に報告してマクドナルド全体に知らせなければ!
・泣けるぅ

出典:facebook

従業員としてではなく、一人の人としての行動として彼の行動は世界で賞賛されていますね!とても素敵な心の優しい店員さんですね!感動をありがとう!




出典:facebook / buzzmag.jp



fd20151006s
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加