宇宙に打ち上げた小型カメラを2年後に偶然発見!映っていたのは感動的な光景だった

main
宇宙に打ち上げた小型カメラが行方不明となり、その後2年ぶりに偶然にも発見されました。そして、カメラに映っていたのは成層圏から見た地球の美しい映像でした。

奇跡の連鎖

スタンフォード大学の学生たちが、小型カメラや通信機器を取り付けた観測気球を飛ばしました。しかし、打ち上げてから1時間27分後の高度30kmに到達した時点で、気球が破裂します。カメラは落下し、通信が届かない場所に落ちてしまいました。

行方不明になったカメラ。しかし、その2年後、偶然にも砂漠のど真ん中でとある女性が発見します。しかも、その女性が落下した通信機器の通信会社AT&Tに勤めていたことから、持ち主を特定できたといいます。

これが宇宙に打ち上げられたカメラ。
1_R
いろいろと計算し、落下する場所もある程度想定していたといいます。
2_R
打ち上げ時の様子。
3_R 4_R
気球はぐんぐんと高度を上げていきます。映像が鮮明です。
5_R 6_R 7_R 8-1_R
成層圏から見えるのはグランドキャニオン!美しく雄大な光景です。
8-2_R
しかし、高度30kmに到達した時点で気球が破裂。
9_R 10_R
これは見つかったカメラと通信機器。GPSで落下場所がわかるようになっていたとのことですが、落下した地点までの距離が想定よりも離れていたため、女性が偶然見つけるまでは発見できずにいました。
12_R
あきらめていたところに、奇跡的に届いたカメラ。そこに映っていた成層圏からの鮮明な地球の姿。映像自体もそうですが、見つかるまでのバックストーリーも考えると、なんともいえない感動がありますね!
13_R
この貴重な映像をぜひご覧ください!

<動画はこちら>
出典:YouTube


出典:www.youtube.com / www.nytimes.com

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加