「特許を取れるなんて…」小6の少女が”缶を落とすだけで分別するゴミ箱”で特許を取得!

main 出典:www.city.anjo.aichi.jp

小6の少女が、“缶を落とすだけで分別するゴミ箱”で特許を取得(8月14日付)したことが、さまざまなメディアで報じられて話題となっています。

出典:twitter.com

出典:twitter.com

今回、快挙を成し遂げたのは愛知県安城市立丈山小学校6年生の神谷明日香さん(12)。「落とすだけ!分別ゴミ箱」の「スチール缶とアルミ缶を分別するしくみ(低コストで分別できる空き缶分別箱)」で特許を取得されました。

特許庁によると小学生が特許を取得した例は、全国的にもめずらしいケースだそうです!


磁石の性質を活かしたシンプルな仕組み

分別箱には、缶の投入口の少し下に磁石2枚を貼り付けたプラスチック板をぶら下げています。分別箱の中は二つに分かれており、アルミ缶はそのまま下に、磁石に引き寄せられたスチール缶はもう一方の箱に収まるという仕組み。材料は全てホームセンターで手に入る安価なもので作っているそうです。

出典:twitter.com

確かに、何で今まで無かったのか?とも思えますが、そういった盲点に気づいて形にしたことが素晴らしいですね!


祖父が缶を仕分けする様子を見て思いついた

神谷さんに祖父がスーパーを営んでおり、自動販売機のゴミ箱のスチール缶とアルミ缶を仕分けするのを見て思いついたアイディアのようです。父親とともに協力して作り始め、約3週間かけて完成させたとのこと。神谷さんは、このゴミ箱を「おじいちゃんに使ってもらいたい」と語っているそうです。

日常生活においての着眼点や発想力、それを形にする行動力が素晴らしいですね!「おじいちゃんに使ってもらいたい」という気持ちも素敵です。



出典:www.city.anjo.aichi.jp / www.sankei.com

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加