中国で“4トンの炒飯”を作りギネス世界記録達成!⇒ある理由で記録は即却下された!

main
中国で“4トンの炒飯”を作りギネス世界記録達成も…とある理由で記録が却下されたことが報じられて話題となっています。


中国国営通信によると揚州名物の炒飯料理イベントは10月22日に開催され、地元住民や外国人観光客など300人が料理人になって、4192kg分のチャーハンを作り上げたそうです。それにしても、すごい量です…!

WS000002_R
ギネス・ワールド・レコーズによると、これまでのチャーハン世界記録は昨年トルコのイベントで達成された3150kgが最高だったそうで、揚州の記録はこれを上回り世界記録達成となったそうです(一時は…)


記録として認定されるためには、全て食べられるチャーハンを作る必要があった

ギネスによると、記録として認定するためには全て食べられる炒飯を作る必要があったそうです。つまり、ギネス世界記録が達成されながらも即却下された理由は、人が食べられない炒飯が混ざっていたとのこと。

WS000004_R

150kg以上が、人に食べられないものだったことがはっきりした

中国の地元メディアによると、出来上がった炒飯がゴミ回収車に乗せられていたことが判明。イベントを監督した揚州観光局は10月25日、監督不届きだったことを認め、人間の食用に適さなかった150kg分が養豚場に送られたと説明しました。残りは地元の食堂に配ったとしていますが、それ以上の説明は避けているそうです。

WS000007_R

このイベントは批判の的に…

人民日報に掲載された論説では、政府がぜいたく出費の取り締まりに乗り出していることを理由に、この様な浪費イベントは終わらせる必要があると強調。「同イベントに公金が出費されていたのであれば税金の無駄遣いに当たる。民間企業がスポンサーだったとしても、大量の食料が無駄になった」と批判していたようです。


ギネス世界記録を達成したと思われた壮大な炒飯は圧巻でしたが、まさかこんな結末だったとは…。


<動画はこちら>
出典:YouTube


出典:headlines.yahoo.co.jp / www.youtube.com

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加