ヤマハが開発中の“ロボットレーサー”が凄い!2017年には人の運転を上回ることが目標

main
ヤマハが開発中の“ロボットレーサー”の動画が公開されて話題になっています!いずれは、人間の運転を上回ることが目標だといいます。


試運転時のワンシーン。
1_R 2_R
ヤマハ発動機は、バイクを運転するヒト型自律ロボット「MOTOBOT」の開発を進めているそうです。バイク本体には改造を加えていないとのこと。

走行シーン。カッコイイです!
A B
MOTOBOTは、バイクのステアリング、アクセル、フロントブレーキ、リアブレーキ、クラッチ、シフトペダルを自律的に操作できるそうで、今後は、機械学習、GPSシステム、各種センサーを利用して、サーキットコースの最適な走行ラインやバイクの性能の限界を自ら判断し、タイムの短縮と効率性の向上を目指しているといいます。


世界屈指のバイクレーサー超えが目標

ロードレース世界選手権で9回優勝している世界屈指のプロレーサーであるValentino Rossi選手を上回るラップタイムを出すことが目標とのこと。

WS000007_R
また、ヤマハが策定したMOTOBOTのロードマップでは、2015年の目標として旋回走行、スラローム走行、時速100kmでの走行達成が定められており、2017年には、人間の運転を上回るための要件を解明すること、最高時速200kmの達成を目指すことが定められているそうです。

WS000004_R WS000006_R
ヤマハでは、MOTOBOTの技術を他のロボットプロジェクトの発展や新製品の開発に活用したいとも考えているようです。今後も、ロボットレーサーのさらなる進化に注目ですね!


<動画はこちら>
出典:YouTube



出典:itpro.nikkeibp.co.jp

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加