エルニーニョ現象によって、草ひとつ生えていない砂漠が“一面の花畑”に!

mainmain出典:twitter.com

エルニーニョ現象によって、普段は草ひとつ生えていない砂漠が“一面の花畑”になり、話題となっています!

出典:twitter.com

出典:twitter.com

信じられません。砂漠を覆いつくしているのは、鮮やかな花々。異常な大雨が降ったことで、記録的な数の花が咲いたといいます。

場所は、世界屈指の乾燥地帯として知られる南米チリのアタカマ砂漠。通常の年間平均降水量は4mm未満だそうです。しかし、今年の3月下旬に、一晩で7年分に相当する異常な大雨が降ったそうで、砂漠のあちこちに花が咲き始めたそうです。さらに8月に発生したハリケーンで植物の成長が加速すると、9月下旬にはもっとたくさんの花が咲き始めたといいます。


「砂漠の花畑」と呼ばれ、5~7年に1度の割合で発生

チリの植物学者ペドロ・レオン・ロボス氏によると、この現象は「砂漠の花畑」と呼ばれ、5~7年に1度の割合で発生するといいます。エルニーニョ現象で、チリ沖の海水温が周期的に上昇していることが要因とされています。


(この件に対して寄せられていた声)

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com


まったく草木が生えていないようなところが、わずか2~3カ月でこんな美しい風景になるなんて驚きですね!



出典:zasshi.news.yahoo.co.jp

mainmain
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加