メガホンでしゃべると多言語に翻訳!「メガホンヤク」が成田空港に世界初登場!

main 出典:twitter.com

メガホンでしゃべると多言語に翻訳されるという「メガホンヤク」が、成田空港に世界初登場することになり話題となっています!

出典:twitter.com

成田国際空港は11月12日、パナソニックが研究開発を進めているメガホン型の多言語翻訳機「メガホンヤク」を試験配備することを発表しました。空港において緊急時の案内に備えるのが目的で、同機の試験配備は世界初だそうです。検証期間は2015年12月~2016年3月とされています。


英語、中国語、韓国語に翻訳し、大音量へ拡声

日本語で話した内容を英語、中国語、韓国語に翻訳し、大音量へ拡声して自動的に繰り返し流せる装置。災害などの緊急時、ターミナル利用者に向けて広く周知を行なうといった活用を想定しているそうです。

WS000000_R 出典:travel.watch.impress.co.jp

成田空港では、「メガホンヤク」の実用性を高めるための開発支援をしているそうで、実用性を検証後、本格的な導入を行う予定とのこと。


(この件に対して寄せられていた声)

・成田空港で外国の人がアナウンスの内容がわかるように、メガホンに翻訳機能がついた「メガホンヤク」が使われるんだって。なんて大山のぶ代さんに言ってもらいたい製品名なんだ。

・そのうちメガホンじゃなくて、マウスピースのようなもの噛んでりゃ、翻訳するようになったりして。

・テンションやマイペースなど、間違って理解したカタカナを交えて話すと、どんな結果になるんだろう?

・まずはじめに、英語を勉強すれば「通訳メガホン」など不要ってのから理解しないと。

・空港でも必要ですが、駅や列車でも異常時には活用出来るアイテムですね。


なんだか、名称といい、本当にドラえもんのポケットから出てきそうな道具ですね!?



出典:headlines.yahoo.co.jp

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加