これからの季節、愛犬を危険に晒さないようにするための10のこと

main これからの季節、愛犬を危険に晒さないようにするための注意すべき点をご紹介します。

以下は海外サイトで紹介されていた注意すべき10のポイント。涼しくて過ごしやすい季節に、犬にとっての見えざるリスクが潜んでいるといいます。


1.水たまりでするペロペロには危険も…
寒い地域では、車のメンテナンスに凍結防止剤中毒(不凍液)を使うことがあります。その際、余った不凍液を水と一緒に道路などへ流してしまうことも、なくはありません。ワシントン大学獣医学部によると、大さじ5杯分の不凍液を摂取してしまった場合、中型犬でも死に至らしめる殺傷能力があるそうです。
1
2.夜道の散歩は危険がいっぱい
秋が深まるにつれて日が暮れるのも早くなります。夜道の散歩では足元も見えにくく、さまざまなリスクが潜んでいます。例えば、リードを長く保って散歩している際、自転車がとっさに出てくるとも限りません。愛犬の首輪などにはリフレクター(光の反射板)を装着しておくことをおすすめします。
2
3.夏の間、防虫剤で保管していた服に注意
冷え込んでくると、愛犬に服を着せることもあるかと思います。例えば、犬用のセーターを夏の間に防虫剤を入れて保管しているなら要注意。付着した防虫剤が嘔吐や痙攣を引き起こす場合もあります。万が一誤って飲み込んでしまったら、すぐに獣医の診断を受ける必要があります。
3
4.山積みになった落ち葉にはリスクが…
風の勢いで落ち葉をかき集めるリーフブロワ―。この爆音が犬にとっては恐怖。特に子犬の場合は、トラウマをなったり、気が動転してその場から逃走する可能性もあるといいます。また、山積みになった落ち葉は細菌やカビの温床。それらを食べたりなめたりした犬が腹痛を起こすケースはよくある話です。
4
5.冬眠前の蛇は神経質なので要注意
アメリカ動物虐待防止協会によると、いくつかの種類の蛇は、この時期に冬眠の準備のために活発に動いており、外的に対して神経をとがらせているそうです。蛇に遭遇した場合、運悪く殺気だった蛇に噛まれてしまうリスクもあります。
5
6.パーティーシーズンのゴミには蓋を
秋はハロウィン、そしてクリスマスに向かってパーティーをする機会も増えてきます。そして、それに伴ってたくさんの生ゴミが出ます。七面鳥の骨は鋭く、ハロウィンなどパーティーで出されるお菓子は色も味も濃いものが多いです。犬もそれらの臭いをかぎつけて誘惑されます。ゴミ箱にはしっかりと蓋をするように心がけましょう。
6
7.殺鼠剤は犬の届かないところへ
気温が低くなってくると、ネズミなどの小動物は、暖かい室内の壁の隙間など居心地のいい隠れ家を目指してやってきます。そんな時、固形の殺鼠剤をばら撒くこともあります。そして、このトラップに愛犬がかかってしまうリスクもゼロとは言い切れません。家屋周辺、室内での殺鼠剤は、犬の口が届かない場所を選んで設置しましょう。
7
8.美味しそうに見える毒キノコに注意
落ち葉の腐敗と秋の長雨は、キノコなどの菌糸類にとっては最適な成長環境です。すべてのキノコが危険な訳ではありませんが、一年のうちでも最もキノコの成長期にあること、そこに危険が潜んでいることを意識して、ワンちゃんの行動に目を光らせておくことが必要です。
8
9.秋のキャンプでも、ダニなどに注意
天候が過ごしやすくなってきた秋の行楽シーズンに、好んでキャンプに出かける人がいます。自然の中で愛犬と走りまわるのは幸せです。しかし、この時期の自然の中にもダニやノミは生息しています。夏だけではありません。事前のケアをしっかりとしておきましょう。
9
10.季節の変わり目はアレルギーに注意
毛の生え変わりの時期でもあるこの季節は、愛犬のアレルギーが頻発することも考えられます。近年では犬の花粉症も知られるようになってきました。症状をよく観察し、なかなか改善されないような時は、早めに獣医に相談しましょう。
10

日常に潜んでいるリスク、普段の生活では遭遇しないだろうというリスクなど色々とあったかと思いますが、愛犬のことを思えば、知っていて損になることはありませんね!



出典:www.littlethings.com

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加