初売り商戦よりも労働環境改善!1月2日を新たな店休日とした「三越伊勢丹」の英断に反響の声

main
出典:blog.goo.ne.jp

初売り商戦よりも労働環境改善!来年から1月2日を新たな店休日とした、三越伊勢丹に関するツイートをご紹介します。

出典:twitter.com

出典:twitter.com

確かに1月2日といえば、多くの百貨店で初売りが始まる日。百貨店にとっては稼ぎ時です。そのような日を店休日としたことに対して、テナント社員の方が感謝の意を表しています。

(この件に対して寄せられていた声)

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com


百貨店の営業時間・営業日は1995年以降、一気に拡大した…


三越伊勢丹ホールディングスは9月7日、事業会社の三越伊勢丹の新たな店休日として、2016年1月2日を設定すると発表していました。伊勢丹の新宿本店、立川店、浦和店、松戸店、相模原店、三越の銀座店、千葉店、恵比寿店は1月1日、2日が店休日となります(三越の日本橋本店、多摩センター店と伊勢丹の府中店は1日のみが店休日)。

1995年以降の約10年で、百貨店の営業時間・営業日は一気に拡大。そのため従業員の働く環境は年々厳しくなり、結果として百貨店の一番の強みでもある販売サービスが低下したと言われてきました。


従業員がしっかり休んでこそ、良いサービスができる


三越伊勢丹では販売員の働く意欲の向上を目指し、2009年度から営業時間短縮。また、2001年度から「元旦以外の店舗休業日」を導入。取引先からも、販売員の労働環境改善や人材の安定確保などの観点から、営業時間短縮や店舗休業日を求める動きが出てきているといいます。

大西洋社長は「従業員がしっかり休んでこそ、良いサービスができる」と話しています。


一方、セブン&アイ・ホールディングス傘下のそごう・西武では、2013年からショッピングセンターに対抗するため、全26店舗で元日営業を始めています。百貨店の戦略の違いが鮮明になってきています。労働環境の改善を目的とし、1月2日を店休日とした三越伊勢丹の決断。みなさんはどう思われますか?



出典:twitter.com

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加