実現した場合はこんな感じ?アマゾンがドローン配達の最新イメージ動画を公開!

main

実現した場合はこんな感じ?アマゾンがドローン配達の最新イメージ動画を公開して話題となっているのでご紹介します。

今回、公開されたのは、アマゾンのドローン配達「Prime Air」のイメージ動画。ドローンの商用利用に関しては、米国連邦航空局(FAA:Federal Aviation Administration)※以下FAA が基本的に禁止しているため、その実現は非常に難しい問題となっていますが、アマゾンは動画を通じて、サービス実現に向けてトライし続けている姿勢をアピールしています。

動画は「Prime Air」で注文したサッカーシューズが庭に届けられるという設定です。

商品を届けるため、飛び立ったドローン。
WS000002_R

イメージ動画では、目的地および配達までの所要時間が表示されています。
WS000004_R

目的地が見えました。
WS000005_R

購入者の自宅庭先に降り立ったドローン。荷物をおろし、受け取ります。
WS000006_R
WS000007_R
WS000008_R

<動画はこちら>

出典:YouTube

今回の映像で、最新のドローンはブルーのボディで後方にプロペラが付いています。運べる荷物は5ポンド(約2.3キロ)以内とのこと。また、高度は400フィート(約121メートル)以下で、飛行距離は最長15マイル(約24キロ)ほどとされています。ちなみに、30分以内で荷物を届けることを目指しているそうです。

また、最新のドローンには障害物を避けるための技術が搭載されており、これまでよりも安全性に配慮した飛行を目指しているといいます。

安全性の問題が懸念されている

実現すればとにかく便利なことは間違いありませんが、やはり懸念されているのは安全性の問題です。天気がよく、障害物が何もないところでは問題なく飛ぶだろうドローンも、環境が悪くなると、まだまだそれに対応できるところまでは到達していません。

FAAが一番問題視していることは、障害物を見てよけきれるのか?ということ。有人飛行機との接触、電線などへの接触が懸念されています。また、免許がなく誰でも操縦可能なことから、操縦ミスによる事故のリスクも大きいです。

乗り越えなくてはいけない壁は多いですが、実現する時代はやってくるのでしょうか!?FAA問題は大きいですが、技術面の向上など、サービス実現に向けてトライし続けるアマゾンの今後の動向に注目ですね!


出典:www.youtube.com

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加