陸上自衛隊とアメリカ陸軍が「料理の鉄人」さながらのイベントを毎年行っていた!

main

陸上自衛隊とアメリカ陸軍が毎年行っているという「料理の鉄人」さながらのイベントをご紹介します!

本格的な料理対決は、日米共同方面隊指揮所演習「ヤマサクラ」の特別イベントとして行われています。今年は12月8日、兵庫県伊丹市の陸自伊丹駐屯地で開催されました。


こちらは勝利チームが手にすることのできるまな板。「一魂・IRON CHEF」と刻まれています。
WS000013_R

このイベントは、かつての人気テレビ番組「料理の鉄人」をモチーフとして作られたもので、5人1組 の2チームが、制限時間2時間以内に、レストラン並みのクオリティが要求される1 皿を提出し、6人の審査員のジャッジにより勝者が決められるというもの。

ちなみに、今年のテーマは「フルコース」だったそうです。用意されたバスケットの中身の食材を駆使して作るそうですが、なんだかテーマのハードルが高いですね!?創造性が求められそうです。


こちらは米軍の調理風景。表情は真剣そのもの。
WS000005_R
WS000000_R
WS000001_R

こちらは陸上自衛隊。なんだか楽しそうです。いい笑顔ですね!
WS000019_R
WS000004_R

調理途中にインタビューしてみたり…。
WS000017_R

ちなみに、こちらは米軍の料理。おぉ、美味しそうですね!
WS000006_R

対する陸上自衛隊の料理。こちらも美味しそう!
WS000010_R

料理の鉄人同様、審査員による実食…!
WS000011_R
味や盛り付けなどの項目をチェック。審査も本格的ですね!
WS000009_R
WS000007_R

審査の結果は…
WS000012_R
わずかの差で米軍の勝利となったそうです。
WS000018_R

白熱した対決の模様はぜひ下記の動画でもご覧ください!


(このイベントについて寄せられていた声)

・楽しそうだね。こういうほのぼのした話は和むね。

・美味いメシと言えば、陸軍より海軍でしょ!?。

・兵士の平時の栄養補給考えると、日本食より肉メインの西洋料理の方がむいてるのかもな…。

・こういう熱くて幸せになれる戦いは最高だな。勝っても負けても笑顔でいられて、腹も満たされる。

・なんだかんだ言っても平和が一番だわ。


両チームの料理に対する真剣さと同時に、ほのぼのした会場の雰囲気が伝わってきます。毎年開催されているそうですが、今後も引き続き継続していってもらいたいイベントですね!


<動画はこちら>

出典:YouTube

<動画はこちら>
出典:YouTube

ちなみに、去年の対決は朝霞駐屯地を舞台に行われ、この時も米軍が勝利したそうです。来年は陸上自衛隊のリベンジなるか!?去年の様子を撮影した動画もアップされています。

<動画はこちら>
出典:YouTube



出典:news.militaryblog.jp

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加