アメリカで建設中の1,500億円規模のハイテクスタジアムが凄すぎると話題に!

main
出典:YouTube

アメリカで建設中の1,500億円規模のハイテクスタジアムが凄すぎると話題になっているのでご紹介します!

これが、そのハイテクスタジアムです。

メルセデス・ベンツ・スタジアム

総工費1,600億円 2017年完成予定
収容人数:71,000~75,000人
メルセデス・ベンツ・スタジアムは、ジョージア州アトランタに建設中のドーム型スタジアム。NFLのアトランタ・ファルコンズ、メジャーリーグサッカーのアトランタ・ユナイテッドFCの本拠地として使用する予定だそうです。

NFLのチームはそれぞれ立派で個性的なスタジアムをホームとしていますが、世界で最も成功しているプロスポーツリーグだけあり、より良いスタジアムの建設にも積極的です。
4_R
ユニークな開き方をする可動式の屋根。
5_R
屋根に設置された内向き360度の超巨大ディスプレイ。
6_R
7_R
出典:YouTube

他にも様々な工夫が施され、アメリカでも屈指のハイテクスタジアムとなる予定とのこと。

<動画はこちら>
出典:YouTube


そして、こちらも建設中のスタジアムです。

USバンク・スタジアム

総工費1,400億円 2016年完成予定
収容人数:65,000~73,000人
USバンク・スタジアムは、ミネソタ州ミネアポリスに建設中の多目的スタジアム。2018年には第52回スーパーボウルの会場になることが決定済みだそうです。

スーパーボウルの会場ともなるだけあって、スケールが凄いです。
8_R
9_R
10_R
出典:YouTube

<動画はこちら>
出典:YouTube


最後にご紹介するのは2009年5月に開場している既存のスタジアム。

AT&Tスタジアム

総工費1,500億円
収容人数:80,000~111,000人
AT&Tスタジアムは、テキサス州アーリントンにある多目的スタジアム。NFLのダラスカウボーイズの本拠地でもあります。ダラスカウボーイズは、サッカーのイングランド・プレミアリーグ マンチェスターユナイテッドと並ぶほどの資金力と集客力をほこるチームです。

建設費が約1500億であり、2020年東京オリンピック・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場と同程度の予算で作られているということでも注目のスタジアムです。

1_R
2_R
3_R

スタジアムは2本のアーチで支えられていて、自動開閉型。室内は完全冷暖房完備。そして、何と言っても注目すべき点は、世界一の大きさをほこる横幅48m、縦22mの超巨大な三菱電機製のスクリーン(ギネスにも認定)です。また、立見席を拡張した場合の収容人数は111,000人にもなります。もの凄いスケールです。

<動画はこちら>
出典:YouTube


いかがでしたでしょうか。上記建設中のスタジアムのイメージ動画を視聴するだけでもワクワクしてきますね!USバンク・スタジアムは来年、メルセデス・ベンツ・スタジアムは再来年に完成するということなので楽しみですね!


出典:ja.wikipedia.org / ja.wikipedia.org / ja.wikipedia.org

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加