駆け込んだトイレにきちんと紙が!→お礼にトイレットペーパー1000個を寄付

AS20151217003924_commr 出典:eco-report.com
「ヤバい!トイレットペーパーがない!!」焦ってトイレに入り、用を足した後にトイレットペーパーがない事に気付き絶望を味わった経験がある方は少なくはないはず!

逆に焦って入った公衆トイレにトイレットペーパーがちゃんと完備されており、「よかったぁ」と安堵することもあるでしょう。

この安堵感はを味わったタクシードライバーの男性が、この感謝の気持ちを表したいと、市にトイレットペーパーを寄付したニュースが話題になっています。


感謝の気持ちはトイレットペーパーで

愛知県犬山市にトイレットペーパー1千個(3万円相当)の寄付があった。贈ったのはタクシー運転手の男性。乗車中に我慢できなくなって駆け込んだ市内の公園トイレに、きちんと紙が備わっていて感激したという。

 市によると、名古屋市在住の50~60代の男性で、ある日、犬山市内を走行中、便意をもよおした。見つけた公園で駆け込んだトイレには紙が備わっており、ほっとしたという。

 1千個のトイレットペーパーは今月上旬、市指定の納入業者を通じて市に届いた。男性は「切羽詰まっている時で『助かったあ』と思った。ぜひ公園トイレで有効活用を」と、寄付の理由を話したという。

出典:www.asahi.com

AS20151217003911_commr 出典:photos.wikimapia.org

なんと、犬山市のタクシードライバーの男性は「トイレにトイレットペーパーがあったから!」という理由で千個ものトイレットペーパーを市に寄付したというのです!この気持ち、わからなくはないですが、本当に寄付してしまうのは凄いですよね!!

「切羽詰まっている時で『助かったあ』と思った。ぜひ公園トイレで有効活用を」と仰っているようで、その時の男性はよっぽど切羽詰まった状態だったことが伺えますね!

この珍しい寄付のニュースは世界でも報じられ、「やはり日本人の感謝の気持ちを表す民度は素晴らしい」と日本が絶賛されているようです。

公衆トイレにトイレットペーパーがある事が当たり前で、あまり考えたことがなかったですが、それってよく考えてみると、とってもありがたい事ですよね!そのことに改めて気付かせてくれたタクシードライバーの男性にも改めて感謝します。

そして、何より、私財を投じてまで他の人の為にトイレットペーパーを寄付するこの方の心意気!素晴らしい事です!ありがとうございます!あなたのお陰で、また公衆トイレを使う人が救われました!


出典:www.asahi.com

AS20151217003924_comms
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加