冬至にかぼちゃを食べると運気が上がる!意外と知らない冬至とかぼちゃの深い関係!

sub kab 出典:goo.ne.jp
「冬至って何の日?」とみなさんが聞かれたとき、「1年でもっとも日が短くなる日」や「かぼちゃを食べる日」と多くの人が答えるのではないでしょうか?

そんな風に認識されている冬至ですが、実は「死に最も近い日」という意味を持っているのです!

なぜ「死に最も近い日」と言われているのかを、冬至にかぼちゃを食べる理由と合わせてご説明します。


冬を越えるためのかぼちゃ

冬至を簡単に説明すると、1年で最も昼が短くて夜が長い日です。日本では12月22日前後が冬至となることが多く、かぼちゃなどを食べるのが風習のひとつとなっています。

昔は冬になると作物が採れにくく、食料の確保が困難でした。そのため、冬は生きて越えられるか分からない深刻な時期とされていて、中でも冬至は日照時間が最も短いため、「死に最も近い日」と言われていたのです。

そんな冬至に、なぜ夏の野菜であるかぼちゃを食べるかというと、保存がきくことが大きな理由です。昔は夏に収穫したかぼちゃを保存し、冬に備えていました。かぼちゃは厳しい冬を生き残るために欠かせない食べ物だったのでしょうね。


ゲン担ぎの意味もある

かぼちゃが冬至に食べられる理由には、栄養価が高いから風邪をひかないなどの現実的な理由のほかに、縁起が良いなどの理由もあります。

なぜ縁起が良いかというと、名前に「ん」が入っている食材は運を呼び込むとされているからです。そして、その食材を使って健康祈願や運気上昇を願うのが「運盛り(うんもり)」という風習です。

下記の7つの名前には「ん」が2つ入っていて、「冬至の七種(ななくさ)」と呼ばれ、2倍の運をもたらすとして、特に縁起が良いとされています。
・南瓜(なんきん)=かぼちゃ
・蓮根(れんこん)
・人参(にんじん)
・銀杏(ぎんなん)
・金柑(きんかん)
・寒天(かんてん)
・饂飩(うんどん)=うどん

冬至にかぼちゃを食べてみよう

冬至の七草と呼ばれるほど縁起が良いとされるかぼちゃですが、あまり食べる機会がありませんよね。そんなかぼちゃを手軽に食べれるメニューをご紹介します。

北海道産かぼちゃのモンブランプリン
kabo 出典:family.co.jp
近くのファミリーマートで手軽に買えます!


かぼちゃと厚切りベーコンのオーブン焼き(カレー風味)
be-ko 出典:meru25.com
ガッツリ食べれて男の子にピッタリ!

作り方はこちら:かぼちゃと厚切りベーコンのオーブン焼き(カレー風味)


シャキシャキ☆南瓜の塩きんぴら
kinpi 出典:ameblo.jp
手軽に作れる!1品追加でいかがですか?

作り方はこちら:シャキシャキ☆南瓜の塩きんぴら


かぼちゃと豚肉のカレーうどん
udon 出典:cucumber1.exblog.jp
「冬至の七種(ななくさ)」を2つ使って運気はさらに倍になるかも!

作り方はこちら:かぼちゃと豚肉のカレーうどん

2015年もあとわずかとなり、さらに厳しい寒さがやってきます。そんな寒さに負けないように、かぼちゃの力を借りてみてはいかがでしょうか?


出典:kinisuru.com / nippon.net / yahoo.co.jp

samune kab
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加