「彼はベッケンバウアーのよう」クラブが長谷部に“将来の幹部入り”を熱望…最高の称賛

main出典:twitter.com

「彼はベッケンバウアーのようだ」

所属クラブのフランクフルト(ブンデスリーガ)からドイツサッカー界のレジェンドに例えられ、最大級の称賛を受けた長谷部選手。引退後は同クラブの幹部入りを熱望されていることが明らかとなり、話題となっています。

出典:twitter.com

出典:twitter.com

長谷部選手が、いかにクラブから信頼されているかが分かります。長年、日本代表でも発揮されてきた強いキャプテンシーは、クラブの幹部をも惹きつけていました。

長谷部選手は来季に向けて契約交渉中ですが、今後の活躍にますます期待が高まります。今回、長谷部選手の幹部入りを熱望しているフランクフルトのヒュブナーSDは、こう話しています。

長谷部がいつか現役を引退したら、我々は彼にとても重要なポストを用意することを考えている。 フランクフルトにとっては貴重な巨大マーケットである日本において、彼はベッケンバウアーのような存在だ。 キャリアを終えた後も、彼とは末長く付き合いを続けていくことを想像している。



ご存知のように、ベッケンバウアーはペレやマラドーナと並び称されるサッカー界のレジェンド。現役時代は「皇帝」と呼ばれ、ワールドカップには 1966年から3大会連続出場。1966年に準優勝、1974年の地元・西ドイツ大会では主将として優勝。リベロ(攻撃に参加するスイーパー)システムを確立させた人物として、世界のサッカー界に大きな功績を残しました。

kesyou4_R
出典:www.kcc.zaq.ne.jp

現在は、バイエルン・ミュンヘン クラブ名誉会長であり、ドイツサッカー連盟(DFB)副会長。
14-01-10-tbh-013_R
出典:ja.wikipedia.org


長谷部選手がフランクフルトに加入したのは2014年(ブンデスリーガ挑戦は2008年より。5年間在籍したヴォルフスブルクではキャプテンを務めたことも)。フランクフルトに在籍して以来、それほどの時間は経っていませんが、もの凄く信頼されていることが分かります。長谷部選手の誠実な人間性も評価されてのことだと想像できます。


(この件に対して寄せられていた声)

・ここまでチームの幹部に評価されるとはすごいことだ!

・プレーもさることながら、学業も優秀でキャプテンシーもあるから、見る人が見れば妥当な評価なのだろう。

・すごい評価だな。もう流石に移籍はないだろうし、このまま本当に幹部入りしそうだ。

・長谷部って本当に真面目な人なんだろうね。

・フランクフルトにまだそんなに長く在籍してないのに、この信頼のされようは凄い。どこにいっても同じように愛される人だとは思うけど。

・海外クラブの監督も期待したいもんや。

・「ベッケンバウアーのようだ」なんて、素晴らしい評価ですね。長谷部選手にはいつか海外クラブや代表の監督になってもらいたい。

・最高の賞賛ですよね。こう言ってもらえる事が、選手としても最高のモチベーションに直結すると思います。本当の信頼関係ってこういう事ですね。


長谷部選手には、まだ日本人サッカー選手が成し得ていないことを将来実現してもらいたいですね!

とはいえ、まだまだ現役。今後も長谷部選手のプレーや動向に注目していきたいと思います。応援しています!



出典:headlines.yahoo.co.jp / ja.wikipedia.org

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加