【大相撲】たくましく育って欲しい63kgの育盛(そだちざかり)が初土俵。その結果は?

13日から始まっている大相撲名古屋場所で、先日の新弟子検査で63キロの体重から90分で4Kg増やし体格基準ギリギリの67Kgで合格したことが話題になっている育盛(そだちざかり)が15日に前相撲で初土俵のデビューをかざりました。


新弟子検査の直前に体重が足りず水をがぶ飲みする育盛(そだちざかり)
fd140715b00002

初土俵の結果は?

対戦相手は春日山部屋の新弟子、前川わずが15歳。体格差は歴然の中、育盛はわずか1秒で押し倒されて初土俵で黒星を喫しました。

乙川(左)と押し倒される育盛(右)
fd140715b00003

育盛(左)と師匠の式秀親方(右)
fd140715b00001

今回は惜しくも敗れてしまったものの、育盛は現在目標体重100Kgに向けて増量中とのことで、本人曰く「ウルトラソウルで頑張ります」というコメントを残しています。四股名に負けないように、ぐんぐんと育って欲しいですね。

fd140715b00002s
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加