「本当に助かった」大雪で8時間停車した列車に、町民らが食料や毛布を届けた!

main 出典:twitter.com

大雪で8時間も停車した特急列車に、付近の町民らが食料や毛布を届けた出来事があり、「人の温かさを感じた」「素晴らしい話」などと全国的な話題となっています!

出典:twitter.com

佐賀県内が大雪に見舞われた1月24日、約250人が乗車した博多行きの特急列車が、西松浦郡有田町のJR有田駅に約8時間にわたって立ち往生していました。そこへ、SNSなどを通じて窮状を知った町民らが、おにぎりや飲み物、毛布などを届けたそうです。乗客らは温かな善意に包まれ、感謝の声を上げていたといいます。

Facebookで情報が拡散

佐世保発の特急みどり10号は、定刻から3時間近く遅れ、有田駅に午後1時すぎに到着したところで、雪のために停車。運行再開の見通しが立たないこともあり、中倉敏裕駅長が、同町で駅舎を使った町おこしに取り組むグループの辻聡彦代表に相談。これを受けた辻代表はFacebookで呼びかけるとともに、仲間にも声をかけて、町内外のコンビニなどでおにぎりなど約250個を調達。午後6時すぎに駅に届け、乗客に配ったといいます。

WS000000_R 出典:www.facebook.com

また、たまたま乗り合わせていた有田工業高の吉永伸裕教諭らもFBで情報を拡散。それらの投稿を見て、自分たちの夕食用として作ったおでん、さらには毛布などを持ち込んだ住民もいたといいます。

faewrfeaw tgsretgewsr 出典:www.facebook.com

みどり10号が、佐世保に引き返したのは午後9時10分。中倉駅長は、「乗客から『おいしかった。ありがたかった』という声を数多くいただいた。本当に助かった」と話し、町民らの協力にとても感謝していたといいます。


(この件に対して寄せられていた声)

・困っている人を助ける。なかなか出来ないものです。良い人はたくさんいる!

・乗客は大変だっただろうけど、素晴らしい善意を受けられたのが、何より幸せだったと思う。

・こういういい話ってもっとたくさんあるのだろうけど、こうしてニュースとして流れると見るほうも心が和む。日本人として誇りに思う。

・寒波で特急が止まって踏んだり蹴ったりでしたが、心はホッコリでしたね。

・こういうのはFacebookやTwitterのいいところだと思う。人の善意も悪意もすごい勢いで伝わる世界になってしまったけど、こんな風にいい方向に使っていけたらいいですね。


なかなか大雪に見舞われるという経験がない佐賀県での出来事。電車で立ち往生している人たちだけでなく、すべての人たちが大変だったかと思います。そんな中、電車にいる人たちを助けようとする姿勢。食料などを届ける自分たちにもリスクがあるにも関わらず、本当に素晴らしい行動だったと思います。人って、やっぱり温かいですね!


出典:headlines.yahoo.co.jp

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加