これが1億3,000万円の写真です。映っているのはジャガイモのみ。

poteto 出典:kevinabosch.com
ポツンと置かれた美味しそうにも思えないジャガイモの写真。
この写真に100万ユーロ(およそ1億3,000万円)もの値がついたなんて信じられますか?

庶民の食材である普通のジャガイモの写真が、ヨーロッパの実業家によって驚きの価格で取引されたとネット上で話題になっています。

アイルランド人の芸術家が撮影


kwikdesk 出典:independent.ie

この作品を撮影したのはケヴィン・アボッシュという芸術家、主に肖像写真などの作品をシリコンバレーの実業家などに作品を販売しているようです。

ジャガイモ以外の作品として、ジョニー・デップ氏やスティーブン・スピルバーグ監督、最年少17歳でノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんなど著名人を撮影し作品としてますので、こちらもご覧ください。

<アボッシュさんが撮影した著名人たち>
ジョニー・デップ
johnny 出典:businessinsider.com

マララ・ユスフザイ
malala 出典:kevinabosch.com

今回、話題になっているジャガイモと同じような構図ですが、撮影された人物の眼力を感じ、他ではあまり見ることのできない表情ですね。


1億3,000万円の写真についてネットでの声


このジャガイモの写真が公開され1億3,000万円の値がついたことに対してネット上では驚きの声が上がっています。

・ジャガイモの写真撮れば1億3,000万で売れるってマジ?

・これが芸術…全然わからん。

・えっ?小惑星じゃないの?

・この写真に1億3000万とは興味深い。


このジャガイモの写真は「Potato #345」というタイトルがつけられており、これまでアボッシュさんの作品の中で最高の価格だったそうです。

また、彼はこの作品について「私は収穫された後の生活に、人間とジャガイモの共通性が見える。人間の存在論的探求の代理として、ジャガイモを使った」とコメントしています。

なんだか分かるようで分からないですが、深い…ですね。


私たちの身近で売られている数十円で買えるジャガイモを、彼が写真に撮るだけでこんな価値のあるものに変わるとは思いもしませんでした。

みなさんはこの芸術の価値についてどう思いますか?


出典:businessinsider.com / upi.com

main poteto
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加