亡くなった息子の心臓を提供した母親、3年ぶりに聴いた我が子の心音に涙

sinonn 出典:Facebook
少女の胸に聴診器を当て涙を流す女性、彼女がその心音に涙するのには大きな理由がありました。

アメリカで起こったこの感動の対面が話題になっています。

息子の心臓が救った命

写真で涙する女性ヘザー・クラークさんは、最愛の息子ルーカスくんを生後7ヶ月で亡くました。クラークさんは息子を失ったことに苦しみながらも、息子の命が無為に失われるくらいならと臓器の提供を決意します。

クラークさんの臓器提供によって、3人の子供が救われました。その1人が聴診器を当てられた少女ジョーダンちゃんです。
kodomo 出典:Facebook
ジョーダンちゃんは心臓の血液が逆流してしまう僧帽弁逆流(そうぼうべんぎゃくりゅう)という病気で心臓移植が必要と診断されていました。

そんな娘の状態を知った母親のエステルさんは「ドナーが見つかるかわからない」と恐怖したそうです。それを救ったのがルーカスくんの心臓でした。

ルーカスくんの心臓によってジョーダンちゃんは無事回復でき、エステルさんは娘を救ってくれた臓器提供者を探すことをしました。情報がまったく無い中、SMSなどを使い必死に呼びかけると、2015年の12月にコンタクトをとることに成功します。

そしてついにエステルさん母娘とクラークさんは対面を果たしたのです。

lY2Gor 出典:Youtube
そこで3年ぶりに我が子の心音を聴いたクラークさんは「強い鼓動を感じるわ。息子はジョーダンちゃんと共に生きているのね」と感動の涙を流しました。

sanni 出典:Facebook
この感動の対面でエステルさんは「彼女には辛く悲しい決断をさせてしまった。ヘザーとその息子にとても感謝しているわ」と話しました。娘のジョーダンちゃんは幼いせいかルーカスくんの心臓が自分に入っていることをよく理解していなかったため、これから少しずつ教えていくそうです。


ひとりの母親の決意が救った命とそこから生まれた繋がりがこれからも幸せであることを願っています。

<動画で感動の対面をご覧ください>
出典:Youtube


出典:kdvr.com / Facebook

samune kando
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加