【追悼】震災時、個人で10億円を寄附…台湾のエバーグリーングループ・張栄発総裁が死去

main 出典:twitter.com

東日本大震災時、個人で10億円を寄附するなど、長年にわたって日台交流の促進に寄与された台湾の海運・航空大手エバーグリーングループの張栄発(ちょう・えいはつ)総裁がお亡くなりになりました。

1968年に中古の貨物船1隻で海運業に参入。1代で世界的な企業へ

台湾の中央通信社などによると、張栄発総裁は1月20日に死去(88歳)。昨年12月から体調を崩していたといいます。張栄発総裁は、1968年に中古の貨物船1隻で海運業に参入。1代で世界的な企業に育てあげました。89年にはエバー(長栄) 航空を立ち上げて航空業にも進出。また、2012年春の叙勲で旭日重光章を受章されています。

fwafewa_R fafeaw_R 出典:twitter.com

1985年には張栄発基金会を設立。医療、教育、文化など、社会への奉仕を続けたといいます。そして、東日本大震災の時には個人で10億円を寄附。自分の関連会社に対して、国際救援組織の関係者や物資を被災地まで無料で運ぶよう指示したといいます。


(この件に対して寄せられていた声)

・日本の窮地に手を差し伸べてくれてありがとうございました。安らかにご永眠ください。

・本当にありがとうございました。いつか台湾の皆様のご恩に報いられるよう努めて参ります。お疲れさまでした。

・ご冥福をお祈りいたします。次回は台湾行くときエバーで行きます。

・あの時の暖かな支援を思い出すと、今でも涙が出てくる。台湾の方々、本当にありがとう。張栄発総裁のご冥福を日本の地からお祈りします。

・惜しい人を亡くした。台湾との友好は続けていきたいな。

fewafewa_R 出典:twitter.com

ご冥福をお祈りいたします。張栄発総裁からのご支援、日本に対する思いが、一人でも多くの日本人の心に伝わればと思います。


出典:www.sankei.com

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加