全身ガンに蝕まれ最後の一日を最愛の家族と過ごした犬デューク

fd140717c00004s
アメリカのヒューストンに暮らすロバーツ一家は、愛犬デュークと最高で最後の一日を過ごすことになりました。それはデュークに安楽死をさせることを選んだということです。これまで、デュークは全身をガンに蝕まれ前足を切断しましたが、その後も腫瘍は手の付けられないほど大きくなり痛みがおさまらずにいたからです。

デュークに別れを告げる前にローバツ一家は、その最後の一日をデュークにとって最高の一日となるように演出することを決めました。そして、ロバーツ氏は、友人で写真家のロビン・アルーティ氏に、デュークの人生最後の瞬間をカメラに収めるよう頼み、その姿を撮影した写真です。



ハンバーガーを食べたよ。みんなでパーティをしたんだ
fd140717c00001

そしてボクは笑った
fd140717c00002

そしてこの場所がどれだけ愛おしく思うか考えた
fd140717c00003

ジョークを言い合ったりもした
fd140717c00004

真剣な話しもした
fd140717c00005

隣に住む友達もボクに会いにきてくれた。双子なんだ。
誰かが、ハンバーガーを食べるように勧めたのだけれど
彼らは「いいです。デュークの分だから」と断った。

fd140717c00006

クリステンもきてくれた。彼女はいいヤツで
トリマーをしてくれるボクの相棒だ

fd140717c00007

獣医さんがくるのを待っている間、ボクたちはクリステンと一緒に散歩に出かけた。
そして誰かが「この先にあるスプラッシュパークで水遊びをしない?」と言った。
そしてみんなで行ったんだ!

fd140717c00008

「クリステンがいなくなると寂しくなるよ」
fd140717c00009

「あなたもそう思うよね?」
fd140717c00010

「家族を見守ってね。あなたが必要なんだ」
fd140717c00011

「聞いている?これが私の願いのすべてなんだよ」
fd140717c00012

今日、ボクたちは濡れになった
fd140717c00013

今日、ボクたちは笑った
fd140717c00014

今日、ボクたちは感謝を感じた
fd140717c00015

今日、ボクたちはルールを破った
fd140717c00016

離れた場所で遊ぶ子供たちの声を聴いていた。
そして、家にいる二人の赤ちゃんのことを考えた。
彼らを守ることがボクはとても好きだった。

fd140717c00017

今日、ボクはリラックスしていた
fd140717c00018

今日、ボクは痛みを感じなかった。
前よりも腫瘍が大きくなったのにもかかわらず

fd140717c00019

今日、ボクは愛を感じたんだ
fd140717c00020

ボクの友達であるキラにさよならを言ったんだ。
彼女は、お医者さんが「時間だ」と告げる前にボクがみんなのそばに立っているのを見ていた。
僕は興奮して、飛び跳ねてとても幸せな気持ちになった。

fd140717c00021

ボクはさよならは言わなかったよ。ボクはまた会おうねと言ったんだ。
fd140717c00022

神様、ボクはラッキーだった。ボクたちが一緒に過ごすことができた時間は短かった。
でも、君はボクにセカンドチャンスを与えてくれたし、一緒に楽しむことができた。
ボクが君を見るのが大好きなんだよね。ボクはずっと君を見ているから。

fd140717c00023

ずっとだよ。デュークより
fd140717c00024

次の映像は、デュークが元気だった日の撮影したものです。



間違いなくデュークは家族たちに愛されていてデュークも幸せだったと思います。このデュークと家族の一日に、みなさんはどう感じたでしょうか?

fd140717c00004sr
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加