「日本に神のご加護を」震災翌年、台湾製PC基板に記された文字…エピソードに涙

main 出典:kaleido11.blog.fc2.com


GOD BLESS JAPAN (日本に神のご加護を)


東日本大震災の翌年、台湾製のPCの基板に印字された文字。そこに秘められた感動のエピソードをご紹介します。


ユーザーの目に触れない所に書かれたメッセージ

「GOD BLESS JAPAN」(日本に神のご加護を)というメッセージが印字されていたのは、台湾・ASUSのPCの内部基板。普段はまったくユーザーの目に触れることはない箇所。ただ、そこに日本への思いやりを強く感じます。

20120629-3_R 出典:kaleido11.blog.fc2.com

ASUSは日本から問い合わせがあるまで、この事実を認知していなかった

そして驚くべきことに、ASUSは日本から問い合わせがあるまで、このメッセージが入っているという事実を認知していなかったといいます。ASUSによると、印字は同社の技術者が独断で行ったことで誰かは特定できていないが、おそらく日本の一日も早い復興を祈ってやったのだろうとのことで、本件を黙認していたそうです。

一人の台湾人技術者が独断で思いつき、会社の許可も得ずに印字した日本の復興を祈るメッセージが、当時SNSを通して拡散され、日本人の心を揺さぶりました。ちょうど震災の翌年のことでした。

img_14_R 出典:mondai-kaimei2011.blog.so-net.ne.jp

この「GOD BLESS JAPAN」は当時、「Pray For Japan」(日本のために祈ろう」というメッセージとともに世界中を駆け巡り、東日本大震災の義援金集めのスローガンともなりました。


そして現在、日本の良き隣人・台湾が南部で発生した地震により窮地に立たされています。

main22_R 出典:fundo.jp

東日本大震災では、台湾から多大な支援を頂きました。

今度は私たちが恩を返す時だ。


台湾のために祈ろうと、ハッシュタグ#PrayForTaiwanが一斉に拡散されています。詳しくは【台湾南部地震】今こそ恩返しの時!東日本大震災時、多大な支援を頂いた台湾のためにをご確認ください。

独断でメッセージを印字した台湾人技術者の気持ち、その気持ちを尊重して黙認したASUSの判断。台湾の方々の思いには、ただただ感謝しかありません。



出典:www.business-i.co.jp

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加