「月火水木金土」愛知の写真家が“月”+“5つの惑星”を1枚の写真に収めた!

main 出典:twitter.com

「月火水木金土…」(日曜日があれば一週間!?)

愛知の写真家が“月”+“5つの惑星”を1枚の写真に収めて話題となっているのでご紹介します!

出典:twitter.com
main 出典:twitter.com


月、火星、水星、木星、金星、土星を1枚の写真に収めることに成功したのは、愛知県岡崎市の全日写連会員・藤井哲也さん。名古屋市科学館によると、時期やタイミングなどがあり、1枚に収めることも、これほどきれいに写すことも極めて難しいといいます。

ちなみに、並びは左から水星、金星、土星、月、火星、木星となっています(月以外は、ちょっと小さくて分かりにくいですが)。


狙っていたので、撮れた時は興奮した

愛知県岡崎市山綱町で3日午前6時ごろ、魚眼レンズを使って撮影されたそうです。藤井さんは、「狙っていたので撮れた時は興奮した。寒い中、展望台までの長い坂道を頑張って上った甲斐がありました」と語っています。また、「『日』があれば一週間がそろったんですけどね」とも語っていたそうです。

コメントもナイスですね。確かに“曜日コンプリート”にはなりませんでしたが、奇跡的な1枚です!なかなかお目にかかることのできない写真…素晴らしいです。ちなみに、撮影されたのは節分の日。近年、節分には恵方の方角を向いて恵方巻を食べるといった事も広がってきていますが、節分の日の明け方の空に、こんなミラクルが起こっていたのですね!



ちなみに、こちらは香港では2月中旬まで観賞できるという情報。※この画像では月が一番左下に位置しています。

出典:twitter.com
sub 出典:twitter.com


(奇跡の写真に対して寄せられていた声)

・「日」があれば一週間がそろったんですけどねって…無理でしょと思ったけど、皆既日食の時なら可能か?

・素晴らしい。こういうのが撮れるんだね。知らなかった!

・月も惑星も太陽光線を反射しているので「日」も写ってることになる。

・星、金星、土星、月、火星、木星、ときて「豊橋」「蒲郡」「三河湾」ってなる感じとかが、スケール感が一瞬混乱して良い。

・地球が一番大きく写っていることを忘れてはいけない。


星がそろう日が前もって分かっていても、七夕に雨が多いように、天体を見たい日に雨が降ることも多いですよね…。撮影された藤井さんの努力はもとより、運も味方につけた、まさに奇跡の1枚だったのだと思います。



出典:headlines.yahoo.co.jp

main34
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加