「は?マジ?www」もしもニジマス同士がLINEで会話したら。水族館の解説が面白い!

enhanced-mid-3358-1456472373-7r(1) 出典:buzzfeed
ニジマスくんのLINEのやり取りが話題になっています。このLINEのやり取りは最近話題の○○のLINE流出という類のものではございません!実はこれは、北海道の北見市にある「北の大地の水族館」ニジマスの解説版なのです!このユニークな解説版が面白いと話題になっています。

Twitterで話題に!

▼こちらのツイートで話題になりました!

こんな解説版なら確実に読みますね!素晴らしいアイデアです。

▼LINE風解説版の全文
enhanced-mid-3358-1456472373-7r 出典:buzzfeed
解説版のアイデアも素晴らしいですが、内容も最高ですね!この解説版ならニジマスが実は外来種であるというのがよくわかりました。なんといってもこんなに読みたくなっちゃう解説版は初めて見ました!そして、最後のオチは秀逸!


こんなオモシロ解説版のある「北の大地の水族館」はこんなとこ

日本初の滝つぼ水槽!
pic_takitsubo01 出典:北の大地の水族館

激流の滝つぼの底には力強いオショロコマが、川をさかのぼる魚たちにとって、滝は川のつながりを分断し激流を生み出す存在ですが、上流からの餌が落ちてくる場所でもあります。滝を見上げ激流に流されまいと泳ぐ魚たちの美しく力強い姿をご覧ください。

出典:北の大地の水族館

世界初!氷の下の世界が観察できる四季の水槽
pic_shiki01 出典:北の大地の水族館

世界初!冬に凍る水槽!北海道の川は季節の移り変わりとともに姿を変えていきます。
凍った川の底でじっと寒さに耐え、豊かな緑の下で力強く泳ぐ魚たちの姿からは、北の生命のたくましさが伝わってきます。

出典:北の大地の水族館

他にも日本最大の淡水魚で、ニジマスの解説版にも登場した”イトウ”の大水槽には1m超えのイトウが20匹以上!(イトウは最大2メートルにもなる)

こんな面白そうな「北の大地の水族館」は大きな施設ではなく、5分程度で回れてしまう小さな水族館だそうです。だからこそ、楽しく見れる工夫が沢山されているのです!素晴らしい水族館ですね!ニジマスの解説版が面白いと話題になっていますが、水族館全体として面白い水族館になっていますね!


出典:twitter / 北の大地の水族館 / buzzfeed


enhanced-mid-3358-1456472373-7r(1)r
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加