日本全国で「部分日食」を見れるチャンス!今回を逃すと全国で観察できるのは3年後

nissyoku 出典:blogs.yahoo.co.jp

3月9日、日本全国で「部分日食」を見れるチャンスが到来!各地での観察時間など含めてご紹介します。

日本国内(人が居住している場所)で見られる日食としては、約4年ぶり

今回の日食は、インドネシアなど東南アジア地域の一部では「皆既日食」として、日本では「部分日食」として観察できます。日本国内(人が居住している場所)で見られる日食としては、2012年5月21日の金環日食以来、約4年ぶりとされています。

(日食の分類)
日食は、月が太陽の前を横切るために、月によって太陽の一部または全部が隠される現象です。太陽の隠され方により3種類に分類されます。
topics02-3-s_R 出典:www.nao.ac.jp

(部分食)
太陽の一部が月によって隠される。
(皆既食)
太陽の全てが月によって隠される。
(金環食)
太陽のほうが月より大きく見えるため、月のまわりから太陽がはみ出して見える。


今回、日本で見られる部分日食は、太陽が月に隠される割合はそれほど大きくはないものの、全国で日食の始まりから終わりまで観察することができるそうです。


南東の地方ほど、太陽が隠される割合が大きくなる

日本国内では、月に隠される太陽のおおよその面積は、食の最大時で、那覇で20パーセント、東京で15パーセント、札幌で5パーセント。南東の地方ほど太陽が隠される割合が大きくなるそうです。

日食が見られる時間帯は、東京では、月が太陽を隠し始める部分食の始まりが10時12分、食が最大となるのが11時8分、部分食の終わりが12時5分となっています。

(日本国内のおもな地点における日食の予報)
20160224-eclipse_R 出典:www.nao.ac.jp

(那覇)
食の始め:09時29分01秒
食の最大:10時29分19秒
食分(注1):0.335
面積比(注2):0.223
食の終わり:11時33分55秒

(福岡)
食の始め:09時56分48秒
食の最大:10時45分59秒
食分(注1):0.203
面積比(注2):0.107
食の終わり:11時37分02秒

(京都)
食の始め:10時06分25秒
食の最大:10時59分13秒
食分(注1):0.228
面積比(注2):0.128
食の終わり:11時53分14秒

(東京)
食の始め:10時12分11秒
食の最大:11時08分27秒
食分(注1):0.259
面積比(注2):0.154
食の終わり:12時05分21秒

(仙台)
食の始め:10時21分46秒
食の最大:11時13分20秒
食分(注1):0.218
面積比(注2):0.119
食の終わり:12時05分10秒

(札幌)
食の始め:10時38分51秒
食の最大:11時18分12秒
食分(注1):0.128
面積比(注2):0.054
食の終わり:11時57分35秒

(注1)食分:月によって覆われた太陽の直径の度合い。
(注2)面積比:月によって覆われた太陽の面積の度合い。

(東京での見え方:イメージ)
topics02-1-s_R 出典:www.nao.ac.jp


安全な方法で観察を

太陽はとても強い光と熱を放出しています(明るさは満月のおよそ46万倍)。決して肉眼で直接太陽を見ることがないように、専用の観察器具を使うなど安全な方法での観察が推奨されています。

(これはNG!)
見た目ではあまりまぶしく感じなくても、光の遮断が不十分なものや目に有害な波長の光を通しやすいものを使うと、網膜を損傷してしまう危険性があるようです。

・肉眼で直接太陽を見る(数秒でも危険)
・望遠鏡や双眼鏡を使う
・色つき下敷きやCDを使う
・フィルムの切れ端を使う
・すすを付けたガラス板を使う
・サングラスやゴーグルを使う
・日食グラスを使って望遠鏡や双眼鏡を覗く


安全な観察手段


1. ピンホールカメラの原理で観察
厚紙などに小さな穴を開けたもののように、細かい隙間があるものの影の中に映った太陽の光が、欠けた太陽の形になります。この場合、太陽を直接見ないため安全に観察できます。
topics02-5-s_R 出典:www.nao.ac.jp

2. 日食専用のグラスなどを利用
日食専用のグラスや遮光板を利用すると、安全に太陽を観察できま。一般のサングラスの場合、どんなに濃い色のものでも太陽の強い光や熱を通してしまいます。また、これらのアイテムを利用していたとしても、太陽を観察する時間はなるべく短くした方が良いとのこと。

topics02-7-s_R 出典:www.nao.ac.jp

3. 望遠鏡を使って太陽投影板に投影
望遠鏡に取り付けた太陽投影板に太陽を投影すると、大勢の人が一度に日食のようすを観察できます(望遠鏡には、太陽観察に適さないタイプのものもあるので要注意)。

topics02-8-s_R 出典:www.nao.ac.jp

次回、日本国内で起こる日食は2019年1月6日の部分日食(全国で観察が可能)となり、約3年後。3月9日は、観察方法に注意しながら、部分日食を楽しみたいですね!


出典:www.nao.ac.jp / www.nao.ac.jp

nissyokurs
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加