「幸せになりなさい」卒業式の日に書かれた先生からの最後の時間割が泣ける

Cc8eRVoUsAI1MLr 出典:twitter
この画像は、とある中学校の卒業式の日に、先生が卒業生に向けて贈った最後の時間割です。普段は教科を書きいれる時間割の黒板を使って生徒にメッセージを送っています。

この画像をTwitterユーザーの”叶恋.”さんがTwitterに投稿したところ、感動的だとものすごい反響を呼んでいるんです。


▼こちらが”叶恋.”さんのツイート


こんなメッセージを書いてくれる先生って素敵。

・1時間後「最幸の卒業式にしよう」
・2日後 「高校入試がんばれ!!」
・3週間後「ここまでは中学生です」
・4年後 「東京オリンピック!誰が出るかな?」
・5年後 「成人式でまた会いましょう!」
・宿題  「幸せになりなさい」


もし、自分が卒業生で、卒業式当日にこの黒板を見たら泣いてしまうでしょうね。この先生からのメッセージを見た沢山のTwitterユーザーの方達も沢山コメントを投稿されています。


生徒たちの未来を心配する素敵な先生ですよね。卒業生の皆さんもきっと今回出された宿題は、夏休みの宿題とは違い、必ずみんなやり遂げる事でしょう。


出典:twitter

あなたにおすすめの記事

WS000001
【思い出より命】生徒が修学旅行を辞退…旅費を先生のがん治療費に
fd150303q004s
「北三陸のアイドルの君たちへ」久慈駅の震災を乗り越えた高校生へのメッセージ
main
“余命宣告を受けた先生”の「最後の宿題」が海外でも話題に 「心を打たれたよ」

今日話題の記事!