UFOかと思ったら、アップルが建設中の劇場の屋根だった!新製品発表のステージになる

main
アップルが、建設中の巨大劇場の写真を米メディア「Mashable」で公開。その屋根が「まるでUFOのようだ」と話題になっています。


こちらは2017年に完成予定とされているアップルの劇場。カリフォルニア州クパティーノにある本社敷地内に建設中で、世界に向けて新製品を発表する新たなるステージになるそうです。それにしても、物凄いインパクト。将来的には、屋根の部分だけ宇宙に飛んで行ったりしないのでしょうか。

WS000002_R gserfesra_R
この屋根は44枚のパネルで構成されており、重さは80トン。ドバイの企業のプレミアコンポジット技術により作られ、アップルがこれまでに作った炭素繊維の屋根の中でも最大になるとのこと。


円柱状のロビーは全面ガラス張り。柱が無い分、スペースは開放的。アップル敷地内の景色を360度見渡せるそうです。また、講堂が地下にあり、座席は1000席になるとのこと。
WS000000_R WS000001_R
写真の右の方に、地下に降りていくための階段も見えます。
WS000003_R

本社ビルの最新画像も公開

アップルといえば、建設中の新本社ビル「Campus2」(2017年完成予定)が随時話題となっていますが、米メディア「Mashable」では「Campus2」の現在の様子も公開。曲面ガラス張りのデザインが印象的で、以前から注目を集めていました。

WS000000_R WS000001_R
2017年に完成する巨大劇場。そこから世界に向けて発信される、新製品の発表も楽しみですね!



出典:mashable.com

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加