「正しい。何も間違っていない」小6の妹が“薬物に誘われた時の断り方”が凄まじい

main 出典:twitter.com

小6の妹が“薬物に誘われた時の断り方”がひどい…というツイートが話題になっているのでご紹介します!

こちらは、お姉さんのツイート。

1_R 2_R 3_R 4_R 出典:twitter.com

男性「ねむけがさめて、すっきりして、ダイエットによい薬があるよ」

妹「でも……」

男性「ビタミン剤と同じだよ。1回くらいだったらどうってことないよ。みんな飲んでるよ」

妹「いや どうみたってこんなスリムでちょうぜつ美人の女の子にきたねえ大人の男が話しかけるのはあやしいだろ この社会のクズめ 死んでわびろや!」


「ダイエット」「1回くらいだったら…」「みんな飲んでるよ…」などは、勧誘の際の常套文句ですね。これに対しての断り方を回答させるものと思われますが、妹さんの断り方がすごいですね。確かに口が悪いといえばそれまでですが、ここまで言われたら相手も2度と誘ってこないのではないでしょうか。それくらいのインパクトですね。

「でも…」と言う時の、か弱い女の子の印象が最後に豹変する様が面白いですね。


(このツイートに対して寄せられていた声)

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

勧誘された際に曖昧な態度でいると相手に隙を与えてしまいます。言葉巧みにどんどんつけこまれてしまいますね。

このケースでの目的は相手を完全にシャットアウトすること。これくらいの気概をもった勢いのある断り方もアリだと思います。確かに口は悪いかもしれませんが、薬物はダメという妹さんの強い意志の表れですね。



出典:twitter.com

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加