【死に目を背けるな】白血病により23歳で亡くなった青年の言葉が心に刺さる

main 出典:twitter.com

白血病により23歳で亡くなった青年が、生前に残した言葉が心に刺さるというツイートが話題になっているのでご紹介します。

出典:twitter.com
fwafea_R 出典:twitter.com

やれる可能性のあるやつが努力しないのを見ると、胸倉つかんで「俺と変われ」と言いたくなる。


心の奥底に突き刺さる言葉です。もっと生きたい…強い気持ちが伝わってきます。ただ、毎日を後悔しないように大切に生きるとか、今を全力で生きるとか、毎日に感謝して生きるとか……。不自由なく生きているうちは忘れがちとなり、こうした言葉を目にした時にしか気づかなかったりもします。


この悠季くんの言葉は、ひすいこたろうさんの著書「あした死ぬかもよ?」に掲載されています。本の主眼は、「死は生にセットされたものであり、不可避である。そこから目を背けている人にまず直視させ、価値観を変えること」ということ。


そうした主眼のもと、悠季くんの言葉以外にもいくつかの言葉が掲載されています。例えば…

人生では絶対に自分では起こせない奇跡がある。あなたが生まれてくること。あなたの両親が起こした奇跡。あなたはずっと「無」だった。宇宙が生まれて137億年間「無」だった。それに比べて人生80年は花火のようなまばたきの瞬間。もともと「無」だった。生きることに、失うものなんて何もない。


流れ星に願い事を言うと叶うというのは、流れ星が流れるその一瞬に、ちゃんと言えるだけ願いが明確になっているということ。


人が死んだあとに残るのは、集めたものではなく、与えたものである。



死から目を背けないこと。毎日に感謝して生きること。明日死ぬかもしれない…だから、毎日を全力で生きること。そう心がけて生きていくことは、とても難しいことだと思います。死に直面しなければ難しいことかもしれません。

いつか死ぬ身であることを心に刻んで生きていくこと…。改めて考えさせられます。



出典:twitter.com / www.amazon.co.jp

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加