悩み、落ち込み、泣いた受験生たちの本気に密着 果たして合格の行方は?

Sponsored Content
20036_main6
受験シーズンも一旦終わりを迎えた4月。勉強に明け暮れていた生活から一転、これから始まる新生活に、思いを馳せる季節がやってきました。

新しい学校に入ったら何しよう!
部活やサークルは何に入ろうかな?


そんなワクワクとした気持ちは、思い出すだけでも懐かしさがこみ上げてきます。しかし、その裏には志望校に合格するという強い意思で、乗り越えてきた過酷な日々がありました。

2015年12月から4か月間にわたり北海道、茨城、東京の受験生に密着し、細心の注意を払って撮影された、合格発表までの3つの軌跡。

20036_20
最終追い込みの季節から、一段と強くなる不安と闘い、懸命に勉強に励む姿が、グッと胸に迫ります。

受験生たちの涙の理由は? 3人は無事に合格することができたのか…ご覧ください。


どんな時もそばにいる


少しでも合格に近づくために、朝も昼も夜も休む暇なく、勉強を続ける受験生。

問題が解けなかったことの焦りや張り詰めた気持ちに、押しつぶされそうになることも。

20036_21
20036_22
思わず挫けてしまいそうな時は、ちょっとした事でも声をかけてもらったり、誰かにそばにいてほしくなってしまうものです。

そんな不安からか、受験生から講師に向けてこんな言葉が。

入試の時、隣にいてもいいよ


頑張ってはいるものの、一人になってしまうことに心許なさを感じる場面もありました。

20036_23
いくつもの失敗と成功を重ねながら迎えた受験当日、遊ぶことも我慢して勉強に励んだ成果を出し尽くします。

20036_24
そして、合格発表の日…。

精一杯頑張ってきた努力が報われ、受験生たちは見事合格!一緒になって喜ぶ講師の表情は、まるで家族のようです。

20036_25

どんな時も一番近くで、一緒に悩んで、一緒に喜んでくれる。


受験までの道のりには、思うようにいかず、涙が流れることもあったかもしれません。それでも、周りの人に支えられながら精一杯頑張ってきたからこそ、喜びを分かち合える瞬間はかけがえのないものとなりますね。

このムービーでは、小林武史さんが作詞・作曲し、HARUHIさんが歌う「あたたかい光」がテーマソングとなっており、やさしく包み込むような歌声がいっそう感動のシーンを引き立てます。

受験生のみなさん、一年間お疲れさまでした!新生活の中、たくさんの笑顔で思い出を作ってくださいね!

明光義塾 合格ドキュメンタリームービー「ありがとう」

20036_26


提供:明光義塾

cvn_logo

20036_main6s
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加