注目の“東京五輪エンブレム”は「市松模様」のA案に決定!さまざまな反響!

main 出典:tokyo2020.jp

日本全国の注目が集まっていた東京五輪エンブレムが、「市松模様」のA案に決定!これを受けて、ネット上ではさまざまな反響が巻き起こるなど大きな話題となっています!

出典:twitter.com

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は4月25日、東京都内でエンブレム委員会を開催。新しい大会公式エンブレムとして、最終候補4作品から「市松模様」が特徴的なA案を選出しました。

事前のアンケートでは最終候補4作品のうち、「輪」をデザインしたB案が1番人気となっていました。

出典:twitter.com

Yahoo!ニュースでの事前アンケートでも、やはりB案が1番でA案が最下位でした。

fd160425a011 出典:Yahoo!ニュース 意識調査調べ


東京五輪公式サイトでの説明(A案について)

歴史的に世界中で愛され、日本では江戸時代に「市松模様(いちまつもよう)」として広まったチェッカーデザインを、日本の伝統色である藍色で、粋な日本らしさを描いた。形の異なる3種類の四角形を組み合わせ、国や文化・思想などの違いを示す。違いはあってもそれらを超えてつながり合うデザインに、「多様性と調和」のメッセージを込め、オリンピック・パラリンピックが多様性を認め合い、つながる世界を目指す場であることを表した。

出典:tokyo2020.jp

組織委が実施した意見募集では、インターネットとはがきで計4万1,516件が寄せられたそうです。エンブレム委員会の最終審査では、集まった意見を参考としながら、21人の委員が議論した上で投票を行いA案を選出したそうです。

A案の制作者である野老朝雄(ところ あさお)氏。

出典:twitter.com

(プロフィール)
名前:野老朝雄(ところ あさお)
生年月日:1969年(47歳)
出身地:東京都新宿区
職業:アーティスト
最終学歴:東京造形大学卒業、建築専攻
現在の所属:TOKOLO.COM

デザインのテーマは「繋げる」。トコロ柄とよばれる模様の制作を中心に美術、建築、デザインの周辺で活動を続けるアーティスト。愛知万博「愛地球博」のトヨタパビリオンでキービジュアル等を手がけた。

建築家らと協同し様々なプロジェクトに参画。東京都現代美術館の「MOT アニュアル2010:装飾」の展示にも選ばれるなど、あらゆる分野で横断的に活動を推進。

ホームページはこちらです。


(決定エンブレムに対して寄せられていた声)

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com


大きな注目を集めていた東京五輪エンブレム。決定した「市松模様」のエンブレムに対して、さまざまな声が寄せられていました。皆さんはどう思われますか!?



出典:news.livedoor.com / tokyo2020.jp

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加