「今までありがとう」芦ノ牧温泉駅の初代猫駅長“ばす”が天国へ旅立つ 会津鉄道

main 出典:YouTube

「今までありがとう」「もう会えないなんて」「ゆっくり休んでね…」

多くの人々に惜しまれつつ、会津鉄道・芦ノ牧温泉駅の初代猫駅長“ばす”が天国へ旅立ちました。

出典:twitter.com

会津鉄道によると、ばすは22日午後10時50分頃、最終列車を病床から見送った後、駅員や2代目名誉駅長の雄猫「らぶ」に見守られ、眠るように息を引き取ったといいます。亡くなる3日前には、駅にある満開の桜の下を元気に散歩していたそうです。

推定年齢18歳。人間の年齢に換算すると90~100歳にあたり、老衰とみられています。

WS000004_R WS000003_R WS000002_R 出典:YouTube


2008年に名誉駅長に就任

ばすは1999年、迷い猫として駅にすみ着くようになり、2008年に名誉駅長に就任。全国から多くのファンが訪れ、駅の利用客増加に貢献しました。高齢であることに配慮し、昨年12月には、らぶに名誉駅長を引き継ぎ、「芦ノ牧温泉初代ご長寿あっぱれ名誉駅長」になっていました。

左:らぶ 右:ばす
WS000000_R 出典:www.aizutetsudo.jp

長年、ばすは多くの利用客に愛されました。通勤・通学で利用する客には「いってらっしゃい」「おかえりなさい」。観光で訪れる客には「ようこそ」と、長きにわたって駅長の任務を全うしました。最終列車を見送った後に亡くなったという事実が、そのことを物語ります。
WS000005_R 出典:YouTube

ちなみに、ばすの葬儀についての情報が掲載されていました。

芦ノ牧温泉駅初代ご長寿あっぱれ名誉駅長「ばす」の葬儀について
長年皆様にご愛顧頂きました、芦ノ牧温泉駅初代ご長寿あっぱれ名誉駅長「ばす」は、平成28年4月22日午後10時47分、老衰のため永眠いたしました。葬儀につきましては、神葬祭にて社葬を下記のとおり執り行いますのでご案内申し上げます。

1.社葬日時:平成28年5月1日(日)午前10時
2.社葬場所:会津鉄道 芦ノ牧温泉駅(会津若松市大戸町上三寄乙49)
3.喪主:芦ノ牧温泉駅 小林美智子
4. 葬儀委員長:会津鉄道株式会社 代表取締役社長 大石 直

詳細はこちらでご確認ください。


(この件に対して寄せられていた声)

・あぁ…ばす駅長…お疲れ様でございました。

・芦ノ牧温泉の、ばす駅長も亡くなったのか。

・ばす駅長と言えば、昔、福島ローカルで天気予報の画像に出てた時もあったんだよね。

・今日は、ばす駅長の曲が出る時のテレビを録画した映像見ながら…あのモフモフにもう会えないなんて…イヤだニヤァー。

・ばす駅長、お疲れ様でした。 天国でゆっくり休んでください。そして芦ノ牧温泉駅、会津鉄道を見守ってください。


長い間の駅長としての任務…本当にお疲れ様でした。これからも、天国から見守っていてくれると思います。



<動画はこちら>
出典:YouTube



出典:www.aizutetsudo.jp / headlines.yahoo.co.jp

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加