1914年に日本人が描いた世界地図が独創的すぎると世界中で話題に

d140731d00001
第一次世界大戦下(1914年)での日本人が描いた世界地図の風刺画が、大変ユーモアであると世界中で話題になっています。

風刺画ということもあり、地図上にその国を表す動物が描かれているのが特徴です。当時最大の勢力であるロシアが巨大な熊、大きい中国が豚、インドがゾウ。また、日本が武士、右下にはアメリカが傍観者のように端っこで観察してるなど当時の国際情強をユーモラスに捉えています。

拡大画像



武士で表している日本
d140731d00002

大きな豚が中国
d140731d00003

どっしりと寝そべる大国ロシア
d140731d00004

ゾウといえばインド
d140731d00007

第一次世界大戦でやられた猪のドイツがいる欧州
d140731d00006

右下にはアメリカが傍観者としています
d140731d00005

100年前の当時のものとは思えないクオリティの高さですね。各国の特徴も面白く捉えています。大変興味深い地図でした。



出典:reddit.com

あなたにおすすめの記事

russians_have_winter_totally_nailed_640_28rrs
「いま真冬なんですけど…」寒さを吹っ飛ばすロシアの人たち13選
zQg1M2Ar
「1ドット=50万人で最新版の世界地図を描いてみた」が興味深い
fd140811f000001s
日本の都道府県を同じくらいのGDPを持つ国で示した地図がオモシロイ

今日話題の記事!