ヘラクレス像の“アソコ”の盗難事件が頻発→市が“取り外し式”に変更して保管へ

main 出典:metro.co.uk

ヘラクレス像の“アソコ”の盗難事件が頻発した結果、その対応策として、市が“アソコ”を取り外し式に変更して保管することになったというニュースが話題となっています!


この事件が勃発したのは、フランス・アルカション市にあるモレスク公園。園内にあるヘラクレス像からアソコが盗まれるという事件が度々発生していたようです。

fwafwa_R 出典:metro.co.uk

ヘラクレスといえば、ギリシア神話の英雄。神話に登場する多くの半神半人の英雄の中でも、最大の存在と言われています。アソコの方も立派だということなのでしょうか。


フリーマーケットで売られていた

では、切り取られたアソコは何処にいっていたんだ?ということになりますが、なんとフリーマーケットで売られていたとのこと。市当局の捜査により明らかとなったそうです(ちなみに、市当局はアソコを17ユーロ(約2,100円)で買い戻したそうです)。

こちらは、ローマ・カピトリーノ美術館にある子どもの頃のヘラクレスの像。この頃は、アソコが盗まれるとは思いもよらなかった!?
800px-Herakles_snake_Musei_Capitolini_MC247_R 出典:ja.wikipedia.org

一度切り取られたアソコは外れやすく…

一度切り取られたアソコは外れやすくなってしまったせいで、その後取り付けるも何度も盗難されてしまうことになります。これを見かねた市当局は、アソコの部分を取り外し式に変更し、行事などの時以外は基本的に外し、市で保管することを決めたとのこと。ちなみに、アソコを外されているヘラクレス像の股間からは、鉄のボルトが出た状態だそうです。

fwsfwa_R 出典:metro.co.uk

以下、この件に関して発表された市長のコメントです。

ヘラクレスの男性としての誇りが危険に晒されている状況を考慮し、取り外し式のパーツの導入を決定しました。私は、ヘラクレスを含めた全ての男性に対して、こうした事が起きてほしくないと切に願います。



(この件に対して寄せられていた声)

・盗まれた股間をフリマで2,100円払って買い戻すのも笑えるし、その後に冗談半分で頻繁に持っていかれるのも笑えるし。

・簡単に持ち逃げできないくらい、デカくしてあげたらいいのに。

・ヘラクレスそのものを柵で覆うとか、そういう方向の対処じゃないんだな。

・ヘラクレスのチ〇コが17ユーロ(約2100円)なのが悲しい。

・鉄のボルトがつきだした状態!やばい。見たい!

・まさか、ヘラクレスも自分の男性自身が取り外し式になるとは夢にも思わんかったろうなー。

・市の人に言って、毎回チ〇コ付けてもらわないとトイレに行けないヘラクレスかわいそう。


笑ってはいけない事件ですが、思わず笑ってしまいます。イベント時には取り付けられるということなので、イベント時には、アソコを盗まれないための警備のより一層の強化が求められます。



出典:metro.co.uk / www.upi.com

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加