「ただ会いたくて…」390km離れた場所から自力で飼い主の元へ帰ってきたワンコが話題に!

main
「ただ会いたくて…」

390km離れた場所から自力で飼い主の元へ帰ってきたワンコが、海外メディアで話題になっているのでご紹介します。


牧羊犬としての訓練のため、390km離れた村へ

ワンコの名はぺロ(シープドック)。飼い主は、イングランド北西部のカンブリア州で農場を営むアラン・ジェイムズさん。アランさんは家畜を誘導したり、捕食動物から家畜を守るための牧羊犬を15匹飼っているそうですが、ぺロはそのうちの一匹。

そんなぺロは、牧羊犬としての能力のさらなる向上を図る訓練のため、アランさんの農場から390km離れたウェールズの村へ派遣されます。

JS88250890JPG_R

ある日、ぺロが行方不明に…

牧羊犬として武者修行に出てから暫くたったある日、アランさんにぺロが行方不明になったとの連絡が入ります。ぺロはどこを探しても見つからなかったそうで、アランさんは気が気じゃない毎日を過ごします。

一体、どこへ行ってしまったのか…。途方に暮れるアランさん。そして、行方不明になってから12日後のことでした。家の玄関に行くと、なんとぺロが帰ってきていたのです。

JS88250196-1JPG_R
390kmも離れた距離から帰ってきたことも奇跡的ですが、ぺロはお腹を空かせている様子もなく、いつも通りの元気な姿でアランさんの目の前に現れたのです。これについてアランさんは、「おそらく、帰路の途中で食べ物をもらっていたりしていたのではないのかな」と話していたそうです。

それにしても、390kmというとてつもない距離を12日間かけて、自力で帰ってくるなんて…ぺロはよっぽどアランさんに会いたかったのでしょう。道中で、さまざまな危険もあったのではないかと思いますが、無事で良かったと思います。日頃からぺロに愛情を注ぐアランさんとぺロの間には、固い絆が生まれていたのですね。

JS88250834JPG_R


出典:www.walesonline.co.uk

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加