京都国立博物館が所蔵する刀が、坂本龍馬の「陸奥守吉行」実物だと判明した!

main 出典:nihonshi.hatenablog.com

京都国立博物館が所蔵する刀が、坂本龍馬の「陸奥守吉行(むつのかみよしゆき)」実物と判明して話題となっています!

出典:twitter.com

出典:twitter.com

京都国立博物館は5月10日、坂本龍馬の遺品と伝えられる同館所蔵の刀が、龍馬が京都の醤油商・近江屋で暗殺された際に携えていた「※陸奥守吉行」の実物と判明したと発表しました。

※陸奥守吉行:陸奥国中村(現:福島県相馬市中村)、または摂津国住吉(現:大阪府大阪市住吉区)出身の刀工。元禄年間に土佐藩に招聘され、同藩の鍛治奉行になりました。その作品は土佐の刀でも特に優れていると評されています。



本物かどうか疑問視する見方があった

この刀は1931年に龍馬の子孫が同館に寄贈。しかし、刃に「吉行」の特徴的な文様がないことや、当時の刀のように反っていないなどの理由で、本物かどうかを疑問視する見方がありました。

(子孫が残した書類や科学調査で本物と判断)
しかし昨年、子孫が寄贈の際に書き残した書類が、高知県立坂本龍馬記念館の資料の中から見つかり、1913年に北海道釧路市の子孫方で火事に遭った際に変形して反りがなくなり、刃も研ぎ直したことが記されていたそうです。


特別展覧会「没後150年 坂本龍馬」で展示予定

「近年発見された新資料を通じて龍馬のイメージを再構築し、幕末という時代に迫る」ことを目的として特別展覧会が開催され、「陸奥守吉行」も展示されるそうです。京都を皮切りに、長崎、東京、静岡の順に巡回するそうです。

(会期)
・2016年10月15日(土)~11月27日(日)京都国立博物館
・2016年12月17日(土)~2017年2月5日(日)長崎歴史文化博物館
・2017年4月29日(土・祝)~6月18日(日)江戸東京博物館
・2017年7月1日(土)~8月27日(日)静岡市美術館


実物と判明した「陸奥守吉行」をはじめ、歴史ファン、龍馬ファンにとっては見逃せないイベントですね!



出典:www.yomiuri.co.jp / ja.wikipedia.org/www.museum.or.jp

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加