伊藤若冲の絵を模した“アイシングクッキー”がクッキーとは思えないクオリティ!

main 出典:twitter.com
出典:ameblo.jp


伊藤若冲の絵を模した“アイシングクッキー”が、クッキーとは思えないクオリティだと話題になっているのでご紹介します!

伊藤若冲(いとう じゃくちゅう)は、江戸時代中期の京にて活躍した絵師。4月22日から5月24日まで、上野の東京美術館では、生誕300年を記念して「若冲展」が開催され、5月10日の時点で入場者数が20万人を超えるなど大きな注目を集めていました。

こちらが、そんな伊藤若冲の絵をモチーフとした話題のアイシングクッキー(卵白と砂糖を合わせて練った甘い生地を使って、クッキーの上にイラストを描いたもの)です。
です。


「紫陽花双鶏図」のクッキー。
1_R
こちらが「紫陽花双鶏図」。
o0442079613616690577_R
「南天雄鶏図」のクッキー。
2_R
こちらが「南天雄鶏図」。
'Nandina_and_Rooster'_from_the_'Colorful_Realm_of_Living_Beings'_by_Ito_Jakuchu_R
「雪梅雄鶏図」のクッキー。
3_R
「雪梅雄鶏図」。
jakuchu02_R
出典:twitter.com

どれも再現度が高く、とてもクッキーとは思えないクオリティですよね。精巧であり、何か躍動感も伝わってきます。食べてしまうのがもったいないです…。


こちらはオーダーメイドでアイシングクッキーを作っているという、アイシングクッキー専門「ANTOLPO(アントルポ)」の作品。こちらはTwitterアカウントです。

オリジナルのアイシングクッキーを独学で展開しながら、企業ノベルティ製作やイベント販売などを行われているそうです。


(寄せられていた声)

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com


そのクオリティの高さに驚愕するユーザーの声が多く寄せられていました。「ANTOLPO(アントルポ)」のその他の作品も素晴らしいものばかりです。ぜひWEBサイトをチェックしてみてください。



出典:www.antolpo.com / twitter.com

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加