火事で甲羅を失ったカメ、3Dプリンターで見事に復活し一命をとりとめる

fd300007r 出典:YouTube
このリクガメの甲羅、実は3Dプリンターで制作された甲羅なんです!ブラジルで起こった山火事によって、この亀は甲羅の85%を失ってしまいました。亀は、道路脇を歩いている所を発見され、保護されました。そして、サンパウロのボランティアグループによって、3Dプリンタでの甲羅の作成が行われました。

ボランティアチーム「アニマル・アベンジャーズ」

ボランティアチームは自らを「アニマル・アベンジャーズ」と名乗り、亀の甲羅作りに着手します。そして、亀は「フレディ」と名付けられました。

発見された直後の”フレディ”。痛々しい姿です。
fd300004r 出典:YouTube


アベンジャーズのメンバーの獣医師・3Dデザイナー・歯科医師・アーティストの手によって甲羅は作られました。まずは、獣医師と3Dデザイナーが甲羅を採寸、設計しました。そのデータを元に、歯科医師が所有している3Dプリンターで甲羅を4つのパーツに分け作成していきました。
fd300001r 出典:YouTube
fd300002r 出典:YouTube

出来上がった甲羅を”フレディ”プレゼント!サイズはピッタリです!
fd300003r 出典:YouTube
しかし、真っ白の甲羅では不自然すぎるので、地元のアーティストの手によって、甲羅に色を付けていきました。

fd300005r 出典:YouTube

これで、見た目も完璧です!
fd300006r 出典:YouTube

「アニマル・アベンジャーズ」の手によって”フレディ”は救われたのでした。
fd300008r 出典:YouTube

「アニマル・アベンジャーズ」、素敵なボランティア団体ですね!そして、これを機に「アニマル・アベンジャーズ」は現在、オオハシ、ガチョウ、インコの為のくちばしを作成しているんだそうです。3Dプリンターで動物たちの命を救う素晴らしい活動ですね!

出典:csmonitor.com / youtube

fd300007(1)
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加