動物保護施設職員が安楽死に耐え兼ねて自殺。あまりにも悲しい結末

34870CA200000578-3604719-image-a-54_1464004383666r 出典:dailymail.co.uk
彼女の名前は”簡稚澄”さん。”簡稚澄”さんは、台湾の動物保護施設センターの管理者として働く31歳の獣医師の女性でした。先日、彼女は自殺という形で、人生の幕を自ら閉じてしまいました。

彼女は学生時代から非常に優秀な方で、動物達を心から愛する優しい獣医さんだったそうです。しかし、彼女の勤める保護施設では、動物の過密問題の為、2年間で700匹もの犬を安楽死させなくてはいけない状況だったそうです。そして、彼女は700匹の犬たちを安楽死させたのでした。愛情を注いできた犬たちを安楽死させなければならない苦しさに彼女は毎日悩まされていたそうです。
34870CFC00000578-0-image-a-51_1464003409985r 出典:dailymail.co.uk

動物権利活動家等の標的に

そんな苦しむ彼女を更に苦しめる出来事が発生してしまいます。2年間に700匹の犬を殺したとして、動物権利活動家等から「美しき死刑執行人」などと報道されるようになってしまったのです。
34870CB300000578-0-image-a-49_1464003391315r 出典:dailymail.co.uk

そして、思いつめた彼女は、犬に与えていた安楽死用の薬を、自らに投与し昏睡状態に陥ってしまいました。そして、5月12日に病院で息を引き取りました。
34870CBA00000578-0-image-a-52_1464003425319r 出典:dailymail.co.uk

あまりにも悲しく、あまりに痛ましいこの事件、亡くなった”簡稚澄”さんの為にも、ペットの事についてもう一度よく考えなければいけないかもしれませんね。保護施設では今も多くの犬や猫が、新たな飼い主を待っています。ペットを飼う際には、保護施設から引き取るという選択肢を考えてみてください。


出典:dailymail.co.uk / asiaone.com / narinari.com

34870CFC00000578-0-image-a-51_1464003409985r(1)
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加