水木しげる先生、無事納骨へ 鬼太郎とねずみ男の間に挟まれて

Cjq_Hj2UoAELzKx 出典:twitter
漫画界の偉人”水木しげる”大先生が先日5月30日に、30年前に自らデザインされたお墓に納骨されました。人間界での活躍を終えられ、今後は妖怪の世界での活躍が期待されます。今後はこちらの墓場で夜は運動会をする水木先生が目撃されるかもしれませんね!


自慢のお墓は自らデザイン

お墓は30年前に完成、当時自らがデザインされ、当時先生が「調布のミケランジェロ」と絶賛する墓石屋さんの手彫りで造られたお墓です!
CjsP0XfVEAQYgd0 出典:twitter
お墓の左右には”鬼太郎”と”ねずみ男”、そして、今は真ん中に”水木先生”という形になりました!


水木プロダクションのツイートが何だかとても感慨深いです。

素敵なお墓に入って、先生も満足していらっしゃるのではないでしょうか。

かつて、納骨がニュースになるような人物がどれほどいたでしょうか?妖怪の世界の第一人者の先生ならではではありますが、先生の遺された遺産が現代人に与える影響が凄く偉大で、皆さんに先生がとても慕われていた証拠だと思います。先生、これからは、妖怪たちと楽しくお過ごしください。


出典:twitter

CjsP0XfVEAQYgd0r(1)
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加