「一つの時代が終わった」能代工業バスケ部が48連覇を逃す…平成が初のインターハイへ

main 出典:twitter.com

「一つの時代が終わった」「47連覇していたこと自体凄すぎるでしょ」

高校バスケ界の名門中の名門、能代工業バスケ部の秋田県総体の連覇が47でストップし、衝撃的なニュースとして各方面で報じられるなど話題となっています。

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

全国大会優勝58回を誇る高校バスケットボール男子の名門・能代工業(秋田県能代市)が6月7日、横手市増田体育館で行われた全県高校総体決勝で平成(横手市)に68-100の大差で敗れ、昭和44年からの全県総体連覇は47で途切れました。一方で、平成はインターハイ初出場を果たしました。

試合の序盤は能代工業がリードするも、逆転してからは平成のペースに。終わってみれば、32点差をつける大勝となりました。秋田県立平成高等学校は公式Twitterアカウントで随時試合の模様をリポートしていました(以下)。

出典:twitter.com

出典:twitter.com

能代工業バスケ部は、大人気漫画「SLAM DUNK」(スラムダンク)に登場する「山王工業高校」のモデルにもなりました。また、後に日本人初のNBAプレーヤーとなった田臥勇太(たぶせ ゆうた)選手(現・日本の男子プロバスケットボール選手)を輩出。名門の名をほしいままにしてきたバスケ界のレジェンド。

1258828303-333x500_R 出典:daiki10.com

能代工業時代の田臥勇太選手。
faweas_R 出典:www.adnet-sakigake.com

そんな能代工業を破ったのは、近年、県南総体で初優勝を成し遂げるなど着実に力をつけてきた平成でした(22年目ということで、まだ歴史も浅い学校です)。それに対して、能代工業は今年1月の県高校新人大会決勝リーグにおいて48年ぶりに県大会タイトルを逃すなど、ここ数年低迷が続いていたといいます。

能代工業の栄田直宏監督は、「伝統の厳しい守備と走るバスケをもう一度磨き直したい」と再起へ向けて意気込みを語っていたそうです。


(寄せられていた声)

・チームスポーツでの47連覇ってかなりすごいことだと思う。ギネスとかに認定されたりはしないのかな。

・今は留学生がいないと勝てない時代。能代に限らず、もう公立校では勝つのは難しい。

・一つの時代が終わりましたね…。

・能代工業を倒した平成高校のコーチも能代工業OBだが歴史を変える方を選んだのか…個人的には歴史が途切れてショックだ。


ここまで47連覇していたこと自体が偉大な記録。能代工業の選手達は試合に負けた悔しさがあると思いますが、これを糧にして名門復活を果たしてもらいたいですね!



出典:twitter.com / headlines.yahoo.co.jp

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加