【赤ずきんと健康】井上涼に美大時代の旧友が直撃!ほぼノーカットインタビュー プライベート編【びじゅチューン!】

P1090287r NHK Eテレ『びじゅチューン!』等で活躍中のアーティスト、井上涼さんへ元クラスメイトが独占インタビュー。後半はよりプライベートな話に立ち入っちゃいます。

<前半 仕事編はコチラ>
【赤ずきんと健康】井上涼に美大時代の旧友が直撃!ほぼノーカットインタビュー前半 仕事編【びじゅチューン!】


『最近はドン・キホーテで服買ってます。』井上涼のアーティストファッション

―カラフルな作品が多いけど…ファッションもカラフルだよね。
派手好きだからね。あぁ、でも最近はアーティストぶるから(笑)わざわざコンビニ行くだけなのに着替えたりとか(笑)声かけられる機会とか増えてくると、アーティストがグレーのパーカーだとがっかりするかな…とか(笑)


<パステルトーンの中でも色彩センスの良さを伺える作品『HATOYA』(2012年)>
hatoya_01
―あはは(笑)アーティスト風の服は、どこで服買うことが多い?
最近は、ドン・キホーテで(笑)まさかの品ぞろえなんですよ。…値段は…思ってるより高い(笑)

―ドンキだから安いと思いきや?
そうそうそう。


―じゃあ涼ちんに憧れているのであれば、ドン・キホーテで服を買えば…(笑)
似たような感じにはなると思う(笑)

<カラフルなアーティストファッション>
fd_ryo_003

世間のイメージとのギャップをどう思う?

P1090216r
―涼ちんは、世間から奇抜な人だと思われがちですけど、結構常識人だし…
そうですね。

―それに社交的だよね。
社交的…う~ん、苦手ではあるけどしゃべれなくはないっていうかね。

―世間的なイメージとはちょっと違うというか。
…だからまあ最近着替えたりして奇抜さを盛るよね(笑)

―期待に応えようとして?(笑)
そう(笑)まあ行き過ぎない程度に(笑)

P1090255r ―イメージだけでさ、涼ちんが会社員だったってこと想像つかない人もいると思う…。
そうだね、こないだたまたまネットの書き込みで『OLをよく題材にしてるけど、アーティスト風情に何がわかるんだ』って書いてあるのをたまたま見てしまって…やっぱそう思うよなー、と(笑)

―涼ちんが社交的っていうのもさ、ほら私たち大学時代のクラス20人だから、誰かの家で集まって、持ち寄りパーティとかしてたでしょ…?
ああ、やってたね。その言葉だけ聞くとすごいオシャレに聞こえるけど(笑)。

―野菜炒めとかきゅうりの塩揉みみたいな普通のおかずだけど(笑)。で、そういう時に喋ってない人にちょっかいかけてる印象がある。
そんな風に見えてた?(笑)ケアしてる感出してた?

P1090197r ―うん。そのパーティに後輩とかがちょこっと来たりすると話をどんどん振ってるなって。
どんどん振ってるなって見えてた?(笑)…そうかも。仲間はずれの人に目が行っちゃう体質というか。出っ張りとか凹みを整えたいというか。それでいて、出っ張りの人も整えられることが嫌じゃなければいいなと。

―そういう所、意外に思う人は(世間に)多いんじゃないかな?(涼ちん自体が)出っ張りとか凹みだと思われてる気がする。
そうだね、そうかもしれない。事実出っ張りではあるし…。まあアーティスト全般が、かもしれないけど。『アーティストですよね~』って思われていること自体はしょうがないって思うんですけど。ただ、そこにギャップを感じてるとか、それを埋めなければ!って思ってるわけではないかな。

―まあ、ちょっと盛るけど?(笑)
そうそうそう(笑)でも盛り方がちょっとよくわからなくて、ヘンに演じすぎてもよくないし丁度いいとこって何なんだろうな?って思って、今は着替えるくらいに(笑)

ドイツ・ミュンヘンでの思い出

P1090205r ―今結構ツアーで色んなところ行ってるけど、好きだった街はどこ?
う~ん。行く街行く街好きになりますけどね。でも、函館とミュンヘン。(ミュンヘンは)最近行ったから(子供番組の国際コンクール“プリ・ジュネス”にびじゅチューン!がノミネートされて)だけど。広~くて気持ちいいし、歴史のあるっぽいゴテゴテした建物もあって、みんなやたらビール飲んでるし。私は飲めないけど。

―めっちゃいいね!
散歩し甲斐があるし、それこそ美術館が街中にバンバンあるんだけど。伝統的なものと、現代美術が並べて置いてあったりして。美術館自体も気持ちいい空間になっるの、自然光が入ったり。

<ミュンヘンの街を歩く井上さん>
fd_ryo_tw_01 出典:twitter
―(街並みが)サマになってるんだ。
そうそう、サマになってる。しかもなんか堅苦しさが日本とまた質が違うというか。美術館で作品に近づいて見たりするとめっちゃ怒られるけど、そこまで深刻なムードを出されないというか。(作品に)めっちゃ近づいて観すぎて、何回も怒られてアラームとかもめっちゃ鳴るんだけど、警備員のおっちゃんとかも、『やれやれ、しょうがないなあ』みたいな。

<ミュンヘンの美術館を見学する井上さん>
fd_ryo_tw_03 出典:twitter
―寛容なんだね。
寛容!寛容だった!

―アートに対して寛容?なのかな?
まあたった数日しか行ってないけど、そうだね、アートに寛容だった。基本的なスタンスが日本とは違うのかなって。

『ドイツにもスキャナ持ってって(笑)』。今、1週間休みがあったとしたら何したい?

P1090195r ―忙しいと思うけど、1週間くらい休みがあったら何したい?
ええ~!でも最近ドイツに行ったからもう一回ドイツに行きたい!単に場所を移動したいだけなのかもしれないけど、移動すると思いつくこといっぱいあるから。同じ場所にいると気づかなくなることいっぱいあって。でもどっちも良し悪しだから、移動してればいいやろって思ってるわけではないんだけど、たまにこう、ポンと移動するのいいなって思いました。見える景色を変えるのはいいかなって。

―でもさすがに移動して、インスピレーション受けたとしても、そこで作業とかはしないでしょ?
やるやる!やるねん(笑)ドイツにもスキャナ持ってって(笑)現地でA4の紙買って、ドイツの紙ちょっと分厚くて、書きにくいな~みたいな(笑)

―ええ!?(笑)スキャナ持ってくんだ!(笑)
スキャナも持って行ったし、(作曲用の)鍵盤も持って行ったし、パソコンと、ペンタブと、絵を描く道具を…

―めっちゃ大変!
でも場所が違うと、はかどり方も違うから、やってよかったと今は思う。でもちょっと大変だった。

<ドイツ出発前の井上さん。このスーツケースの中にスキャナが…?>
fd_ryo_tw_02 出典:twitter
―じゃあ、1週間休みで、ドイツに行ってもスキャナとか持ってっちゃうかも?
どうだろうね。結局やっちゃうかも。でも一緒に行く人が休みたい感じの人だったら、それに合わせるな…きっと。自分一人で行くと何かしら(制作を)やっちゃうなって思う。

―そういうとこあるよね、昔から。
そういうとこ自分でアーティストっぽいなって思う(笑)

まさかのTARZAN愛読者?今、極めたいものとは

P1090148r ―制作以外で、極めたいなって思ってることある?
え~、腹筋とか?

―腹筋?(笑)
腹筋してるんです最近。出張が多くなると、行く先々でもてなしてもらうことが多くて、そうすると食べるじゃないですか。勿体ないし。それで冬の間に結構太ってしまって。で、TARZANっていう雑誌を買って腹筋してる。まあ極めたいっていうよりは、腹筋割れたらいいなっていう。

―うん。でもTARZANは、前から買ってたよね。前からっていうか、学生時代から。
そうそう。あの『赤ずきんと健康』の調べものしてる時から、TARZANを資料として読んでたから。もうほぼ10年ぐらい。毎月購読してるわけじゃないけど、健康や体のこと知りたいなって思うと、まずTARZAN(笑)

―TARZANの編集部の中に涼ちんのファンがいたらめっちゃ喜ぶんじゃない?
ああ、ね!(笑)

<『赤ずきんと健康には』TARZANの情報も反映している…?!>
akazukin_02

東京と制作

P1090273r ―兵庫が実家で、大学が金沢だけど、東京に来て1番びっくりしたことって何?
何だろう?でもやっぱり電車かな?通勤ラッシュ。私が使ってた路線て、他の路線に比べてそんなでもないはずだけど、それでも、『えっ?まだ乗るの?』とか入り口付近でくるっと後ろむいて背中でギューって押してきたりするのが、当たり前のようになされているのがすごいびっくりした。

―ああいうのつらいよね。
つら~い!ああいう経験がマチルダ先輩とかに、昇華されていると思う。闇の部分にびっくりすることが多い。

―東京の闇?(笑)
そうそうそう(笑)

P1090169r ―じゃあさ、例えば卒業して、そのまま金沢でアーティスト活動してたら、全然違うもの作ってたのかな?
そうだろうね、きっと。にじみとかボカシとかの技法使ったり…(笑)

―河原がテーマだったり?(笑)
そうそうそう!石ころをモチーフにしましたとかになったかもしれない(笑)

―じゃあOLとかから共感の声が多いのも、やっぱり会社員時代の経験があるからかな
そうですね。日本がここ10年くらい疲れたムードがあるように思ってて、そういうものに向けて、制作しているところがあるのかなって思います。

ババーンと告知

P1090310r ―では、最後に告知を。
『びじゅチューン!』NHK Eテレにて日曜17:55-18:00 絶賛放送中!!DVD BOOK(1・2)とCD(EAST/WESTの2枚)も出てるよ!
後は、2016年7月10日(日)~9月4日(日)岡山県の大原美術館で、『井上涼のとらとらまごまご展』を開催します。是非来てね。

Amazon びじゅチューン!DVD BOOK・CD
大原美術館『井上涼のとらとらまごまご展』


―本日はありがとうございました。ブレイク秘話からファッションまで、幅広く、そして包み隠さず話してくれるその姿に、実はサービス精神大盛で人を喜ばせることが好きなその本質を再確認しました。井上作品が独特な魅力を放つのも、その人となりが作品から滲み出ているからなのだなぁと、つくづく感じた1時間でした。


出典:twitter

fd_ryo_ic_06
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加