沼地から2000年前のものと推定される“バターの塊”が発見される! アイルランド

main 出典:twitter.com

アイルランドの沼地から、2000年前のものと推定される“バターの塊”が発見されて話題になっているのでご紹介します。

発見されたのはアイルランド・ミース州。
d241_counties-meath_main_reupload_R 出典:www.ireland.com

沼地の泥の中から2000年前に作られたとみられるバターの塊が見つかる出来事がありました。

出典:twitter.com

発見者は燃料用の泥炭の採取を職業にしている男性とのことで、自宅付近の沼地を3.6メートルほど掘っていたところ、強いにおいを放つ重さ10キロのバターの塊が出てきたといいます。

沼地の土壌は低温で酸性度が高く、冷蔵庫のような効果をもたらすとされています。発見されたバターは崩れやすいものの質感自体は滑らかで、強烈なチーズのにおいを発していたそうです。理論上は食用にできるとみられているようですが、研究者らは食べない方が無難だと述べているそうです。

proxy_R 出典:twitter.com

(寄せられていた声)

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

これまでにも、数百個のバターの塊が発見されている

この地においては、数千年前のバターが掘り出されることは珍しいことではないといいます。アイルランドの考古学会誌に寄せられた論文によると、同国と英スコットランドでは、これまでに数百個のバターの塊が発見されているといいます。それぞれの年代は数千年前にさかのぼるようです。

ミース州に隣接するキャバン州の博物館によると、中世においてバターは高級品とみなされ、租税や地代として支配階級に納められたほか、神々や霊魂への供物に使用されることもあったといいます。後者の場合は、バターは地中に埋められて決して掘り出されることはなかったといわれています。


数千年前のものと推定されるバターが、塊で掘り出されることにはロマンを感じますが、さすがに食べる勇気はありません。



出典:www.cnn.co.jp

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加