こんな和菓子初めて!!ハマグリの貝殻を使った『浜土産』が風流でめずらしい

fd_hama_007 出典:twitter @pixie_m_dust
皆さんはこの一風変わった和菓子、ご存知ですか?

fd_hama_010 出典:朝日新聞デジタル
こちらは『浜土産(はまづと)』というお菓子で、ハマグリの貝殻でかたどった琥珀色の寒天に、浜納豆がぽつりと浮かぶ風流な一品。

fd_hama_009 出典:和菓子魂!
『浜土産』は、京都にある老舗の和菓子店『御菓子司 亀屋則克』さんが、5月中旬~9月にかけて販売している銘菓。海のない京都の夏を、涼やかに過ごせるようにという計らいで作られました。やっぱり京都って、何をとっても小粋なものが多いなあ…。

『浜土産』ってどんな味?

fd_hama_004 出典:twitter @wagashibuyer
では『浜土産』って実際どんな味がするんでしょうか、皆さん気になりますよね?

fd_hama_011 出典:京都の和菓子
『浜土産』の黄金色に透き通る琥珀羹は、固めの食感でほんのり甘く、中に浮かぶ味噌仕立ての浜納豆が、全体の味をキュンと引き締めるアクセントになっています。

fd_hma_011 出典:blog.kyyyo.jp
また、よく冷やして食べると、琥珀羹と浜納豆の風味がより調和し、独特の風味を味わうことができます。

fd_hama_012 出典:京都の和菓子
もちろん食べるだけでなく、貝殻を開き、その中から美しい黄金色がのぞく…といったプロセスも、この『浜土産』の醍醐味の一つです。

fd_hama_008 出典:御菓子司 亀屋則克
いかがでしたでしょうか?風情ある、京の和菓子『浜土産』、食べてみたいですよね。なお、御菓子司 亀屋則克さんでは、販売期間中、『浜土産』の全国発送も受付しているそう。ぜひ、今シーズン中に味わってみて下さいね。

御菓子司 亀屋則克
京都市中京区堺町通三条上ル
(075)221-3969
《浜土産》御菓子司 亀屋則克


出典:twitter @pixie_m_dust/朝日新聞デジタル/和菓子魂!/twitter @wagashibuyer/京都の和菓子/blog.kyyyo.jp/御菓子司 亀屋則克

fd_hama_ic_02
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加