「支持政党なし」という党名が出馬しているけど、これって大丈夫なの?

Ck6nwQQUgAA8kgrr 出典:twitter
7月10日に投開票される参院選に「支持政党なし」という政党が参加しているのをご存じでしょうか?投票用紙の比例区の政党の部分に「支持政党なし」若しくは「支持なし」と記入すると、政党「支持政党なし」に1票が入るという事になる。「支持政党なし」を支持し1票を入れる場合は問題ないのだが、本当に支持をする政党がない場合に「支持政党なし」「支持なし」と記入してしまうと、意図せずこの政党を支持してしまうので注意が必要です。

Twitterでも注意を促すツイートが話題に



実はこの政党は以前2014年の第47回衆議院議員総選挙(比例北海道ブロック)に2名の候補を擁立しています。その際は議席獲得には至りませんでしたが、約10万票もの票を獲得しました。

そもそも「支持政党なし」とはどんな政党?

main-1r 出典:支持政党なし
「支持政党なし」とは、政策は一切なし、国会での法案の賛否については全てインターネットでの投票を行い、その多数決で決定した事を所属議員が国会で代弁するという形だと言います。つまり、議員個人は考えは持たず、支持者の意見を100%反映する為の駒になるということです。

支持政党なしでは重要法案のみならず、国会に出されます全法案につき党員にネット上で賛否を計り、賛成が多数な法案は賛成、反対が多数な法案は反対、にと議員の意志はまったく無視し、党員の方々の使者となりきるつもりでございます。
仮に10人議員がいた場合、ある法案にて党員の意志が7割賛成で、3割が反対の場合、7人の議員が賛成にまわり、3人の議員は反対にまわります。
以上のように、支持政党なしの議員は一切自分の信条を捨て、党員の使者になりきります。

出典:支持政党なし

議員になる人は誰でもいいということですね。こうゆう方がいいと言う人の需要も確かにあるにはあるでしょうね!

無党派層の票が意図せず入る可能性もあるが、これっていいの?

無党派層が特に支持する政党がないので知らずに「支持政党なし」と投票用紙に書いても1票になるので、政党の名前に違法性はないのだろうか?この疑問については”ハフポスト日本版”で取材されていました。

無党派の人が「支持政党はありません」という趣旨で、間違えて投票する可能性も考えられるが、大丈夫だろうか。総務省選挙課にハフポスト日本版が取材したところ、「公職選挙法では、他の政党とまぎらわしい党名や、代表者名を想起される党名については認めていないが、『支持政党なし』については法律上の瑕疵はない」とコメントしている。

他の政党と間違えるような紛らわしいもの以外はOKということで、現状は「支持政党なし」は全く問題ないようです。しかし、ちょっとズルい気も否めないですよね。

201412151811377d4r 出典:blog-imgs-50.fc2.com

どちらにしても、7月10日の選挙の際は「支持政党なし」という政党もあるという事を知ったうえで投票に行きましょう。公約や政策はない政党ですが、他の政党では、実際に公約を守ってくれない政党もあるわけですし、「支持政党なし」を支持するという選択肢もいいのかもしれませんね!ただ、選挙に行って自分の意見を示すという事は大切ですので、皆さん7月10日は投票に行きましょう!


出典:huffingtonpost.jp / 支持政党なし.com / twitter

Ck6nwQQUgAA8kgr(1)
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加