うぉ、デカいっ! 176センチの巨大アスパラが発見されて話題に! 北海道芽室町

main 出典:twitter.com

なんと、176センチという巨大アスパラが北海道芽室町で発見されて話題となっています!とんでもない大きさです。

芽室町の畑作農家、鳥本邦男さんの自家用の畑で、今月見つかったとのこと。

出典:twitter.com

1ヶ月前までは90センチ程度だったとのことですが、そこから約2倍の高さまで成長したとのこと。これは凄すぎます。一体なぜこのようなことになったのでしょうか?

12本のアスパラが隙間なく接した状態で大きく成長

この巨大アスパラは、12本のアスパラが隙間なく接した状態で一体となって成長したようです。アスパラ12本の茎が幅12センチ、厚さ1センチの帯状に一体となって1本の大きなアスパラガスとしてグングン伸びたといいます。

十勝農業改良普及センターによりますと、この現象は「帯化」と呼ばれる現象のようで、農作物や草花に比較的見られる現象だということですが、12本もの茎が一体化するのは珍しいということです。


根元の部分。
WS000001_R 出典:www.youtube.com

最上部。
WS000002_R 出典:www.youtube.com


(寄せられていた声)

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com


食べないで、伸びるだけ伸ばした方がいいかな

鳥本さんは、「最初見つけたときはサボテンかと思って不思議でした。30年ほどアスパラを育てていますが、こんな経験は初めて」とし、「食べないで、伸びるだけ伸ばした方がいいかな」と今後も成長を見守っていくとのこと。

WS000000_R 出典:www.youtube.com

近所の子供達も見学に訪れ、驚きの声をあげているといいます。植物の生命力の強さを改めて見せつけられました。それにしても不思議です。いつか、このアスパラを食べる日がくるのでしょうか。とにかく、今後どこまで伸びるか楽しみですね!


<動画はこちら>
出典:YouTube


出典:twitter.com / www.youtube.com

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加